渡部由梨恵のプロフィールや通ってた高校・大学を紹介!夫は渡辺暁斗!

平昌オリンピック出場!渡部由梨恵の出身校や旦那や成績が気になる!

スキー・ハーフパイプ女子日本代表として平昌オリンピックの出場を決めている、渡部由梨恵。これまでも様々な大会に出場し、優秀な成績を納めています。

今後の活躍が期待される渡部由梨恵の出身高校はどこ?大学はどこ出身?旦那さんの存在や、旦那さんとはどんな風に出会ったの?など気になる事が多いですよね。

そんな渡部由梨恵の情報をたっぷりと紹介したいと思います!

スキー・ハーフパイプ渡部由梨恵のプロフィールを紹介!

名前:渡部由梨恵(旧姓:山崎由梨恵)
誕生日:1989年1月12日生まれ
出身地:北海道富良野市
身長:158cm
体重:52kg
血液型:B型
高校:札幌第一高校
大学:早稲田大学スポーツ学科部
趣味:猫と触れ合う事
所属:ルネッサンスキャピタルグループ

3歳からスキーを始め、アルペンスキーの選手だった母親の影響で、小学生からアルペンスキーを始めたそうです。高校はスキー強豪校の札幌第一高校に進学し、強化選手に選出され、日本ジュニア代表に選ばれました。

大学卒業後にアルペンスキーから、現在のスキー・ハーフパイプに種目転向をしています。種目転向後、ソチオリンピックの直前に大きな怪我をしてしまい、選手生命が危ぶまれましたが、懸命なリハビリによって競技に復帰できるほど回復し、平昌オリンピックの出場を勝ち取りました。とても努力家な一面が伺えますね!

2014年に結婚!旦那はノルディック複合の渡部暁斗!

渡部由梨恵は、2014年にノルディック複合個人でソチオリンピック銀メダルを獲得している、渡部暁斗と結婚しています。

渡部由梨恵と渡部暁斗との出会いは大学時代で、種目は違いますが同じスキープレイヤーという接点から、意気投合して3回生の頃より交際をスタートしました。渡部暁斗の「適当にみえてしっかりしているところ」にひかれたそうです。

渡部由梨恵が、スキー・ハーフパイプに転向後、まだ競技として知名度が高くなかった事からスポンサーが少なく、実費で選手活動をしていたようで、アルバイトをしたり、親戚からサポートしてもらうなど競技以外のところで苦労していたそうです。

その姿を見ていた渡部暁斗は、彼女に競技生活に集中してほしいと、現在の所属チームが決まるまでの生活や選手活動を金銭的にも精神的にも支えてくれていたそうです。

それほど渡部由梨恵を想う気持ちが強かったのですね。渡部暁斗がソチオリンピックでメダルを獲得した後、渡部暁斗からプロポーズをして結婚しました。

お互いが選手ということで、一緒に過ごせる時間は年間で、30日から40日ほどしかないようです。しかし、強い絆で結ばれている2人は会えない時間も乗り越え、支え合って刺激し合い、競技を頑張れているのではないでしょうか。

お互い現役の選手という事で、まだお子さんはいらっしゃらないようですが、2人の子供ならスーパーキッズになるかもしれませんね。