宇多田ヒカルの整形疑惑の真相を徹底追及!デビュー当時と現在を比較!

多くのヒットソングを輩出し、大活躍している歌手の宇多田ヒカルさん。そんな宇多田ヒカルさんには整形疑惑が浮上しています。今回は、そんな宇多田ヒカルさんの整形疑惑について調査しました。

宇多田ヒカル、デビュー当時は16歳!薄化粧だっただけという説も

 

View this post on Instagram

 

Hikaru Utadaさん(@kuma_power)がシェアした投稿

目や鼻の整形疑惑が浮上している宇多田ヒカルさんですが、整形ではなくメイクの変化によるものだという説もあります。

というのも、デビュー当時の宇多田ヒカルさんはわずか16歳という年齢。垢抜けていない印象があり、メイクもかなりナチュラルでした。それがメディア露出が増えることによって洗練されていき、どんどんと美しくなっていったのです。

メイクによる顔の変化は大きく、一般女性の間でも詐欺メイクと呼ばれるものが流行しています。詐欺メイクとは、すっぴんとメイクをした後の顔が全くの別人になるメイクのこと。過去には、メイクを顔半分だけに施して、すっぴんとの差を比べる半顔メイクも流行りましたね。

メイクアイテムも時代が進むにつれて豊富になり、いとも簡単に二重まぶたを作れるようになっています。そのため、宇多田ヒカルさんは整形したのではなく、メイクの力による変化である可能性も高いのです。

整形ではなく年齢や体重によって二重がくっきりした説!

 

View this post on Instagram

 

UTADA FANさん(@utadafan100)がシェアした投稿

宇多田ヒカルさんの顔の変化がメイクによるものだという説もありますが、年齢による成長や、体重の変化によって顔が変わったという説もあります。

宇多田ヒカルさんのデビュー以前の画像を見ると、確かに一目まぶたのように感じます。しかし、宇多田ヒカルさんの母親・藤圭子さんは愛らしいぱっちりとした目をしていました。宇多田ヒカルさんも成長するにつれ、母親譲りのぱっちりとした二重まぶたに変わったという可能性が考えられます。

また、一時期は外国人のようなグラマラスな体型をしていた宇多田ヒカルさんですが、現在は痩せてほっそりとした体型です。痩せただけでも顔の印象は大きく変わります。中には、太っていた時は一重まぶただったのに、痩せてまぶたの脂肪が減ったことで、ぱっちりとした二重まぶたになったという方もいるのです。

宇多田ヒカルさんの場合も体型が変化したことで顔の印象が変わったのかもしれません。