龍馬伝で沖田総司役の栩原楽人!父親の会社を継ぐため引退!彼女や結婚の噂は?

子役時代を含めると芸歴18年の栩原楽人さんですが、2018年3月1日付で芸能界引退が公式に発表されました。ファンだけでなく共演した俳優や女優からも惜しまれつつの引退ということで、気になる引退理由や現在の様子について調べてみました。

龍馬伝や刀剣乱舞で沖田総司役の栩原楽人のプロフィール!身長や生年月日は?

生年月日:1989年10月19日
出身地:東京都
出身高校:堀越高等学校
身長:168cm
血液型:AB型
活動期間:2000年-2018年
特技:アクション、ダンス、ギター、ドラム
出演作品:ママまっしぐら!、仮面ライダー響鬼、永遠の0、龍馬伝など

栩原楽人さんのデビュー作品は2000年に放送されていたママまっしぐら!というテレビドラマなので、11歳から芸能活動をしていたということですね。ママまっしぐら!は人気作品でパート3まで製作されましたが、栩原さんは全てのシリーズで主役家族の長男として出演しています。

その後、芸能活動を続けながらということもあってか堀越高等学校に進学されていますが、この時のクラスメートには柳楽優弥さんがいます。

体を鍛えることにもストイックに取り組んでいるようで、ダンスは始めてから1年ほどでプロ顔負けになったとも言われています。やると決めたらとことんやりぬく真面目な性格なのかもしれません。

子役から大人になる段階で仕事が激減するというのはよくあることですが、栩原楽人さんの場合はそういったこともなく、舞台やテレビドラマなどにコンスタントに出演し続けていました。2005年に出演した仮面ライダーシリーズへの出演では子供だけでなく、お母さん世代にもファン層を広げ、若手実力派俳優としての地位を確立しました。子役から俳優への転換が上手くいった例とも言えそうですね。

BL映画「純情」ではベッドシーンにも挑戦?!

cherryさん(@mari_kuro76)がシェアした投稿

2010年に公開された純情はBL漫画を原作とした実写版映画で、栩原楽人さんは主人公の戸崎圭祐を演じています。ノンケの同級生を好きになったことで揺れ動く純情な青年役は、原作ファンからも好意的に受け止められたようです。

当時のインタビューによると、この映画が初主演作品ということで難しい役柄に不安を感じたそうですが、純粋な恋愛ものだと考えて演じたと語っています。

また、ドラマや映画も含めて初めてのラブシーンの相手が男性俳優の高橋優太さんだったとのことで、ベッドシーンは念入りに練習を重ねたそうです。休憩時間や食事の後にしっかりと段取りを詰めるための練習をしていたということですから、演技に対する真面目な性格がうかがえますね。