高部知子の今現在は?喫煙姿のニャンニャン事件のその後は?彼氏や結婚についても調査

 ニャンニャン事件でイメージ一転!

1980年代に高視聴率を打ち出したバラエティー番組の「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で、わらべの3つ子の長女のぞみ役の高部知子が、人気絶頂期に起こしたニャンニャン事件の真相とその後の活動、さらには高部知子の気になる歴代彼氏の噂や結婚、子供などの詳細、死亡説などに迫ります!

女優・高部知子のプロフィール!

しろやまさん(@dai_xp)がシェアした投稿

名前:高部知子(たかべ ともこ)
生年月日:1967年8月25日 血液型:B型
出身地:東京都文京区
職業:タレント・女優、医療法人十全会グループ顧問、精神保健福祉士、東京都認定薬物専門講師

高部知子さんは、プロダクション(ボンド企画)にスカウトされ、1980年NHKのテレビドラマ「ガラスのうさぎ」で敏子役でデビューします。1981年には、「わが子よ」で骨肉腫の少女役を演じ、1982年にも「わが子よⅡ」で同じ役を演じきります。1982年には、「野々村病院物語II」で美川悦子役、1982年にテレビ朝日の「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で萩原家の愛娘3人で構成されたユニット「わらべ」で長女のぞみ役を演じ、一躍大人気となります。

1983年には、穂積隆信の家庭で実際に起きた、娘の非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化した「積木くずし」で主人公の不良少女を演じきりました。しかし、1983年6月にベットで裸体に布団だけでタバコをくわえている写真が週刊誌「FOCUS」に掲載されてしまいます。その時に謹慎処分を受けます。

欽どこ3人娘わらべののぞみ役で有名に!

@tsuntsururinがシェアした投稿

1983年に爆発的人気を博した「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で萩本家のお父さん役は萩本欽一さん、お母さん役が真屋順子さん、長男役見栄晴さん、そして三つ子の愛娘ユニットわらべの長女のぞみ役が高部知子さん、次女かなえ役の倉沢敦美さん、三女たまえ役の高橋真美さんたちが繰り広がる可愛らしく素朴なやり取りが人気となりました。

1982年に坂本龍一編曲による最初のシングル「めだかの兄妹」をリリースしていて、1983年のオリコン年間シングルチャート第3位のロングヒットとなっています。曲の内容で「すずめ、こねこ、めだか」が成長したら何になりたいかを歌ったもので、もともとエンディング曲で衣装も就寝前のパジャマ姿だったのがより可愛らしさを醸し出していたのかも知れません。