田原直哉の体操からスキーへ転向した理由!結婚の噂や出身高校も調査!

体操五輪代表落選からスキーへ転向!悲願の平昌オリンピック!

Naoya Tabaraさん(@naoyatabara)がシェアした投稿

体操競技でオリンピックを目指していた田原直哉選手がスキー転向を決意したのは2006年のことです。

転向を決める2年前、2004年アテネオリンピックでは代表入りを期待されていましたが、惜しくも落選。その上2005年の冬には右肩を筋断裂する大怪我に見舞われ、リハビリ生活となってしまいます。

それでも競技に取り組んでいましたが、結局大会では思うような結果を残せず、手術する必要も宣告されてしまいます。次の北京オリンピックを目指していたものの、すでにピークも過ぎてしまっていました。

そんな時、トリノオリンピックのエアリアルの映像を見る機会がありました。そして田原直哉選手の中で、体操の感覚がこの競技なら活かせるかもしれないという思いが浮かんできたのです。

ゼロからのスタートで周囲には反対されることもありましたが、どうしてもオリンピックに出場するという夢を捨てきれなかった田原直哉選手。たくさんの苦労を経験しながら今回の平昌オリンピックでようやく悲願のオリンピック出場を決めます。

田原直哉は結婚している?

Naoya Tabaraさん(@naoyatabara)がシェアした投稿

田原直哉選手のプライベートも気になりますが、結婚しているかどうかといった情報は残念ながらありませんでした。しかし、競技に専念している姿を見ると今のところ独身なのではないかと考えられます。

体操からスキーへ転向した後は資金面でもかなり苦労していたようですし、結婚していたとすれば競技を続けるのが難しかったのではないかと予想できます。

夢だったオリンピック出場も果たしたことで、これからはプライベートの充実も視野に入れるようになるかもしれませんね。

平昌オリンピックでは残念ながら予選落ちとなってしまいましたが、今後も田原直哉選手の活躍に期待しています!