田原直哉の体操からスキーへ転向した理由!結婚の噂や出身高校も調査!

Naoya Tabaraさん(@naoyatabara)がシェアした投稿

スキーへ転向後に念願の五輪出場!田原直哉とはどんな人物?

フリースタイルスキー男子エアリアルで平昌オリンピック出場を果たした田原直哉選手ですが、もともとは体操競技でオリンピック出場を目指していました。そんな田原直哉選手が体操からスキーへ転向するきっかけとなったことは一体何なのでしょうか。

今回はスキー転向への理由や、田原直哉選手の結婚情報などについて紹介します。

田原直哉のプロフィールを紹介!所属はミルキーウェイ!

Naoya Tabaraさん(@naoyatabara)がシェアした投稿


生年月日:1980年12月24日
出身地:和歌山県
身長:165センチ
体重:69キロ

田原直哉選手はフリースタイルスキー男子エアリアルの選手です。しかし、最初からスキーをやっていたわけではなく、元は体操選手でした。

体操は8歳から始めていましたが、スキーを本格的に始めたのは体操からスキーへの転向を決めた2006年頃から。スキーは素人だったため、当初は苦労も多かったようです。自分を追い込むためにあえてスキーのインストラクター養成コースに入るなど、努力を続けます。

大変だったのは練習だけではありません。スポンサーがなかなか見つからなかったため、海外への遠征費や用具代などを稼ぐ必要がありました。民宿に居候しながらアルバイトをする日々で生活は苦しかったとのこと。それでも田原直哉選手が諦めることはありませんでした。

そして、2018年平昌オリンピックでついに念願の代表入りを果たします。オリンピックデビューは37歳1カ月。日本歴代4位に入る遅咲きですが、それでも今までの苦労が報われたのではないでしょうか。

現在はミルキーウェイに所属しており、オフィシャルウェブサイトもあります。所属先が決まったことで、今までよりもいい環境で練習できるようになったと思われます。

田原直哉の出身高校・大学はどこ?

Naoya Tabaraさん(@naoyatabara)がシェアした投稿

和歌山県出身の田原直哉選手は、地元の和歌山県立和歌山北高等学校を卒業後、大学は日本体育大学体育学部体育学科に進みました。大学在籍時の2001年には、体操でインカレ個人総合3位の成績を残し、ナショナルチーム入りも果たします。

日本体育大学は日本のスポーツ大学最高峰であり、体操選手の宝庫です。卒業生には体操の絶対王者である内村航平選手がいたり、ひねり王子こと白井健三選手が在学していることでも有名ですね。また、競泳の金メダリストである北島康介選手も日本体育大学を卒業しています。