ウィリアムソン師円がイケメンと話題に!父親はどんな人?彼女の噂も!

読売新聞さん(@yomiuri_news)がシェアした投稿

平昌オリンピックで話題!スピードスケートウィリアムソン師円の父親や彼女も気になる!

平昌オリンピックスピードスケートで出場したウィリアムソン師円(シェーン)選手ですが、イケメンな顔立ちとその実績からも多くのファンを魅了しています。

そこで気になるウィリアムソン師円選手のプロフィールと、そのお名前から連想される国籍・家族構成、そして気になる彼女はいるのか?などなど、ウィリアムソン師円選手の素顔をたっぷりご紹介します。

ウィリアムソン師円のプロフィール!身長・出身は?

まずは最初にウィリアムソン師円選手のプロフィールをご紹介します。

名前:ウィリアムソン師円選手(ウィリアムソン シェーン)
生年月日:1995年4月28日(22歳)
出身地:北海道浦河町
身長:176cm
体重:67kg
学歴:山形中央高等学校
所属:日本電産サンキョー

ウィリアムソン師円選手がスケートを始めたのは、6歳のときのアイススケートがきっかけでした。中学3年生の時にスケートでは全国中学500mで3位の快挙を達成します。その後、学生時代は本格的にスピードスケートをやるために山形中央高等学校スケート留学。

最初は500mを専門としていたようですが、その才能が開花し5000mに転向しました。その実力は5000mで日本ジュニア記録を叩き出すほど。ソチオリンピック代表選考会で見事優勝したのち、高校在学中にオリンピック出場の快挙も成し遂げました。

スケート以外にも運動神経抜群のウィリアムソン師円選手は、陸上・軟式野球の助っ人キャッチャーとして活躍し北海道で準優勝経験があるそうです。助っ人で活躍と両立する姿はさすがの並ならぬ運動神経の持ち主ですよね。

とは言え、学生時代の進路決定時には「スケートに専念したい」という一筋な思いがあったウィリアムソン師円選手。また内面の格好良さも感じさせますよね。

オーストラリアと日本のハーフ!父親は元騎手、母・ケイコウィリアムソンとは仲良しで有名!

中神美渚さん(@marble0724)がシェアした投稿

イケメンを育てられた気になるご両親をご紹介します。まずは、オーストラリア人の父であるポール・ウィリアムソンさん。そして日本人の母であるケイコ・ウィリアムソンさんは、とても仲がよいことで有名です。ウィリアムソン師円選手の優しい表情からご両親との仲の良さも伝わってきます。

また、父ポールさんの職業は元騎手で現在は競走馬の調教師をしています。ウィリアムソン師円選手も乗馬の道も考えたようですが、牧草アレルギーだったため、スピードスケートの道に進んだようです。スケートの道にいく運命だったのもしれませんね。