紅の豚にコナンも!声優の阪脩が携わった作品を紹介!

阪脩
https://twitter.com/

え!あの声も阪脩だった!

アニメから洋画までこなす、ベテラン声優としてご存知の方も多いのではないでしょうか?阪脩さんを知らなくても、あの役の声は知ってる!という方は必ずいらっしゃいます。

この記事では、知ってよかったプロフィールや、気になる「あの声」をご紹介します!

阪脩のプロフィールは?

阪脩
https://anime.dmkt-sp.jp/

名前:阪脩(さか おさむ)
出身:大阪府大阪市
生年月日:1930年11月7日
血液型:A型
身長:172cm
職業:声優・俳優・ナレーター
所属事務所:青二プロダクション
過去の所属事務所:朝日放送劇団・劇団新劇場・テアトル・エコー
趣味:文楽・歌舞伎観賞
特技:義太夫

俳優活動を20歳頃始め、声優活動は30歳の頃からされている阪脩さん。大阪府出身なので、関西弁の役を演じることも多いそうです。そして、後輩の育成のために、青二塾大阪校専属講師になり、月1回授業をされています。

洋画の吹替えでも数々の作品に出演されていらっしゃいます。ここでは洋画の代表作の紹介をほんの少しさせて頂きます。

ホーム・アローンのロバーツ・ブロッサム演じるマーレー役。そして、スターウォーズエピソード1~ファントム・メナス~と、エピソード2~クローンの逆襲~では、オリバー・フォード・デイビス演じるシオ・ビブル役をされています。

スクリーンの名作でも、阪脩さんは活躍されていました。

紅の豚では空賊連合ボスの声優を担当!

マンマユートボス
http://studio-ghibli.wikia.com/

紅の豚の愛すべき憎めないキャラといえば、空賊マンマユート団の大胆不敵なのにまじめなボスではないでしょうか。阪脩さんの声はボスのキャラをさらに魅力的にしています。悪ガキみたく、たまに天然な所が母性本能をくすぐる感じです。

マンマユート団の意味は「ママ助けて団」ですが、原作では「ママ怖いよ団」だそうです。とてもユニークで、微笑ましいネーミングです!

名探偵コナンでは脇役の声優を務める!

コナン
http://detectiveconan.wikia.com/

詳しい情報が残念ながら見当たりませんでしたが、2013年6月22日(土)テレビ放送された、「残された声なき証言(前編)(後編)」の犯人の相馬竜介役をされていました。

ブラック・ジャックでは本間丈太郎の声で出演!

本間丈太郎
https://www.youtube.com/

マンガや、アニメの世界でも名作と呼ばれているブラック・ジャック。阪脩さんは、ブラック・ジャックが医者になるきっかけを作った命の恩人の、本間丈太郎役をされていました。

ブラック・ジャック(2004年10月~2006年3月)、ブラック・ジャック21(2006年4月~2006年9月)にテレビ放送されていました。

アニメの「博士」のイメージが漠然と、本間丈太郎という方もいらっしゃるようです。それほどインパクトが強かったのかもしれません。

その他(甲虫王者ムシキング、トランスフォーマー…etc)にも出演

荒巻大輔
https://twitter.com/

特に子どもに大人気の甲虫王者ムシキング森の民の伝説では、森の民ルター役をされていました。そして、ハリウッドで実写での映画化が話題となった、攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEXでは、荒巻大輔役をされています。

実写ハリウッドバージョンの荒巻大輔役は、北野武さんが演じています。あまり出番はありませんでしたが、とても貫禄がありました。

トランスフォーマーシリーズにも阪脩さんの才能がここ狭しとギッシリ詰まっています。なぜかといいますと、ほとんどの役を1人で演じきっていたというから驚きです!

戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマーでは、ホイルジャック役、スカイファイヤー役、ビーチコンバー役、アダムス役、スィンドル役の6役を1人でこなしていました。

トランスフォーマー・ザ・ムービーでは、チャー役、ラムジェット役の2役。戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー2010では、チャー役、メトロフレックス役の2役。

トランスフォーマー・ザ・ヘッドマスターズでは、チャー役、メトロフレックス役。戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマーVでは、ライクル役の1役を担当しました。

こちらもハリウッドで実写映画化されています。アニメを阪脩さんの声と知らずにリアルタイムで見ていましたが、アメリカのアニメと勘違いするほど、アメリカっぽかったのを覚えています。

阪脩さんが声で表現できるのは、性格だけではなく、風土も感じさせることができるのかもしれません。

ここでは紹介しきれないほど、阪脩さんは幾つもの作品に声という魂を吹き込んでいらっしゃいました。これからも、声優、俳優、ナレーターとしての阪脩節は目が離せません!