奥田瑛二の嫁は女優の安藤和津!妻の悩みや離婚しない理由、娘について調査!

俳優としてだけでなく映画監督としても活動中の奥田瑛二さんは、女性関係が派手なことでも知られています。ここでは、妻がなぜ愛想をつかして離婚しないのかと娘二人の芸能界での活躍ぶりについてもご紹介します。

奥田瑛二のプロフィール!出身や学校、俳優になるまで

奥田瑛二
http://news.livedoor.com

本名:安藤 豊明
生年月日:1950年3月18日
出身地:愛知県春日井市
学歴:明治学院大学法学部中退
主な出演作品:もう頬づえはつかない、金曜日の妻たちへIII 恋におちて
著名な家族:安藤和津(妻)、安藤桃子(長女)、安藤サクラ(次女)、柄本祐(義理の息子)

1950年3月18日、愛知県春日井市に生まれた奥田瑛二さんは小学校の頃に見た映画に憧れて役者を目指していたそうです。まずは体作りからということで中学では野球部、高校ではラグビー部に所属、高校入学後に一気に身長が伸びたそうですが同年代の人に比べると確かに大きい方で、現在の身長は175センチです。

父親が春日井市議会議員ということもあり、役者になるために上京すると話した際には反対もされましたが政治の勉強をすると説得、無事に明治学院大学法学部に入学し代議士秘書となります。大学では演劇部に参加、議員秘書も続けていましたがどちらを続けるべきか悩んだ末、大学を中退してしまいました。

本気で役者を目指すために劇団に入団しようと思ったもののタイミングが悪く試験も受けられなかったそうです。結局は高校の先輩である天地茂さんの付き人として2年ほど過ごすことになります。1967年には無事にデビューを果たすものの役には恵まれずお金にも苦労しました。

家賃が払えずに夜逃げ、代々木公園での野宿生活など極貧時代のエピソードは数多くあります。ようやく役者として認められたのが1979年の日活作品もっとしなやかに、もっとしたたかにで、これ以降はテレビドラマや映画などの出演依頼が殺到、役者としての知名度を高めていきました。

奥田瑛二と安藤和津結婚!出会いはパーティ!

奥田瑛二安藤和津
https://www.cinemacafe.net

奥田瑛二さんの妻は女優の安藤和津さんで、結婚は1979年1月です。出会いは友人のパーティーだそうですが、この時期の奥田瑛二さんは役者としてまだまだという頃で安藤和津さんの母親が理想とする婿とは正反対と言って良いものでした。

ただ最終的に結婚を進めたのはこの母親で、その理由は奥田瑛二さんが何でもいうことを聞いてくれる婿になりそうだったからということと、安藤和津さんが奥田瑛二さんを甲斐甲斐しく世話する姿を見て相性の良さを感じたからだそうです。

後に安藤和津さんは、母親の予想していた何でも言うことを聞く婿にはならなかったと回想していますが、相性の良さに関しては母親の勘が的中していたと言えますね。