俳優大河内浩の現在!結婚している?妻はどんな人?

人気ドラマに欠かせない名脇役俳優の大河内浩

数々の人気ドラマで味のある役を演じ、名脇役俳優として活躍している大河内浩さん。

名前は知らなくても顔を見ればわかる人も多いのではないでしょうか。

そんな大河内浩さんですが、今までどんなドラマに出演してきたのでしょうか?また、結婚はしているの?奥さんはどんな人なの?など疑問はつきません!

今回はそんな大河内浩さんについて調べました。

俳優・大河内浩のプロフィール紹介!

しゃはなさん(@yaongu2)がシェアした投稿

生年月日:1956年5月11日
出生地:兵庫県神戸市
身長:178cm

大河内浩さんは、1980年に旧芸名の滝山英吾としてテレビ朝日「必殺仕事人」でドラマデビュー。映画デビューも1980年の「将軍 SHOGUN」で、その後は脇役として経験を積んできました。

そして1988年には「マルサの女2」、1990年には「あげまん」と、伊丹十三監督の大ヒット映画に出演。また、1991年には三谷幸喜原作の映画「十二人の優しい日本人」では主要キャストの一人を演じました。

これがきっかけとなったのか、1990年代からはTBS「HOTEL」、フジテレビ「悪魔のKISS」など、人気ドラマに出演しはじめます。

このころから実力が認められてきたということですね。

「とげ」「下町ロケット」「相棒」「トリック」「ドクターX」など!出演テレビドラマ!

大河内浩さんと言えば、いまや人気ドラマには欠かせない名脇役です。

フジテレビ「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」では市役所の厳しい総務課部長、TBS「下町ロケット」では、佃製作所のライバル会社、ナカシマ工業の部長役を演じました。すごみのある演技ができるので、主人公に嫌味を言ったり悪役として邪魔をしてきたりと、ちょっと癖のある役もこなします。

またテレビ朝日の大ヒットドラマにもよく出演しています。「相棒」では殺人事件の容疑者、「トリック」では占い師の信者役、「ドクターX」ではがん患者のラーメン屋店主と、個性的な役も違和感なく演じてきました。演じられる役の幅がかなり広い俳優さんです。

そんな器用なところが、いろいろなドラマに引っ張りだこの売れっ子名脇役になった理由なのかもしれません。

大河内浩の出演した映画は?

nagaaa62さん(@nagaaa62)がシェアした投稿

大ヒット映画に多数出演

数々の人気ドラマに出演している大河内浩さんですが、映画にも多数出演しています。

出演作品は数えきれないほどですが、その中から数作品あげるだけでも「踊る捜査線THE MOVIE2」「亡国のイージス」「20世紀少年 最終章」「そして父になる」など大ヒット作ばかりです。

しかし、硬派な作品だけかと思いきやそうではありません。佐藤江梨子さん主演「キューティーハニー」、桐谷美玲さんら人気女優5人が出演した福田雄一監督作品「女子ーズ」など、可愛らしいコメディにも出演しています。

アート系の映画や単館系の映画にも出演

大ヒット映画だけではありません。オダギリジョーさん・柴咲コウさん主演、犬童一心監督作品「メゾン・ド・ヒミコ」、成海璃子さん主演、ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督作品「罪とか罰とか」などにも出演。アート色が強い個性的な映画でも魅力を発揮します。さらにAKB48指原莉乃さん主演、福田雄一監督作品「薔薇色のブー子」などの、公開規模が小さい映画でも存在感を発揮しています。

メジャーな作品ばかりでなく、ご自分が必要とされている作品や、いいと思った作品は選り好みすることなくオファーを受けているようですね。俳優さんとしての信念や哲学があるのかもしれません。

そして、日本を代表する監督達からラブコールを受け続ける大河内浩さんは、日本の映画界にとってなくてはならない俳優さんだということがわかりますよね。

大河内浩の現在は?結婚している?妻はどんな人?

yunacanonさん(@yunacanon)がシェアした投稿

大河内浩さんは結婚していますが、いつ結婚したのか、奥さんは芸能関係の方なのかなどは明らかにしていないようです。しかし公式ブログでは奥さんとのツーショット写真があります。大河内浩さんが買っためがねが奥さんも気に入り、同じものを買ったということでペアのめがねをかけて写真を撮っていました。ラブラブ夫婦なんですね。

お子さんがいるかも不明ですが、お休みの日は愛犬のJOYと近所を散歩したり、里山で自然を楽しんだりしているようです。普段ハードスケジュールな分、お休みの日は奥さんと犬に癒されているのでしょう。

悪役からコミカルな役まで、様々な役柄を演じ、私たちを楽しませてくれる大河内浩さん。お体に気を付けて、これからも記憶に残る名演技を見せ続けてほしいですね。