日本の芸能界では1人だけ!?女優奥菜恵は先天性オッドアイ!海外セレブにも?

ミステリアスな瞳。魅惑のオッドアイ。実は女優の奥菜恵さんはオッドアイの持ち主。ハリウッド俳優のキーファー・サザーランドも両目が違う色!?ここではオッドアイの魅力やオッドアイについて詳しくご紹介します!

オッドアイは虹彩異色症?左右で目の色が違うの?原因は何?

帰宅!38歳になりました! ゆっくり丁寧に楽しんで参ります!

奥菜恵 Megumi Okinaさん(@megumi_okina)がシェアした投稿 –


昨今カラコンでおしゃれとして目の色を変えたりします。目の色ってどうやって決まってるのかな。と思いませんか?

目の色は虹彩(こうさい)の色で決定され、虹彩の色は内部で作られるメラニン色素の量によって決定します。今回は目の色でも珍しい「オッドアイ」について探ります。

さてその「オッドアイ」とは?さっそく「オッドアイ」とは何か調べてみました。オッドアイとは俗称。日本語で「虹彩異色症」と言われています。

本来は猫の瞳、後に人間の瞳も先天的に「左右非対称の色」である様。などを表す言葉として使われています。「異色症」だけでも虹彩の異常の事を示す場合があるそうです。

片方がブルーの場合は「バイアイ」と呼ばれる事もあります。

猫と人間のオッドアイ

 

View this post on Instagram

 

@slowlife0414がシェアした投稿


猫に関して。白猫に多く発症がみられます。片方がイエロー、もう片方がブルー。そしてブルーの方になんらかの病がある事も多いそうです。

人間に関して。先天的、遺伝子疾患、後天的(緑内障など)虹彩損傷によりオッドアイになることもあるようです。白人は先天性虹彩異色が多いともいわれています。

人間の目の色はなぜ多様なのでしょうか?それは虹彩の中のメラニン細胞が生み出すメラニン色素の割合の違いによるもの。色を構成しているものは、皮膚の色素、虹彩のメラニン、その細胞密度、この3つ。

犬のシベリアンハスキーのオッドアイは虹彩異常ではないそうです。犬がオッドアイになることはまだ研究中。遺伝子が関係しているのは間違いないそうです。

メラニン色素は多い少ないがありますが、基本にブラック。ストロマのメラニン色素は細胞の密度がどのくらいの量の光を吸い込めるかで決まります。このメラニン色素は紫外線から私たちの目を守ってくれています。

奥菜恵がオッドアイという噂は本当だった!日本の芸能界では一人だけ?

 

View this post on Instagram

 

奥菜恵 Megumi Okinaさん(@megumi_okina)がシェアした投稿

名前:奥菜恵(おきなめぐみ)
生年月日:1979年8月6日(2018年10月現在39歳)
出身地:広島県
職業:女優・歌手

奥菜恵さんは「先天性オッドアイ」だそうです。今までテレビで拝見しても気づきませんでした。

光の当たる角度を変えて見るとオッドアイだと良く分かります。とてもミステリアスに感じます。

さて、他にも日本の芸能人でオッドアイの方はいらっしゃるのか調べてみました。後天的オッドアイと言われている方では、橋本明さんがいます。

名前:橋本明(はしもと あきら)
生年月日:1933年5月24日
出身地:神奈川県
職業:ジャーナリスト・評論家

橋本明さんの場合は緑内障の合併症または後遺症のようです。

そして、若者中心に大人気!スリーピースロックバンドの「WANIMA」のボーカリストのKENTAさんもオッドアイ。宣材写真を見る限り、とてもハッキリとしたオッドアイのようです。もともとオッドアイなのか途中でオッドアイになったのかは、現段階では不明です。

どのくらいオッドアイの日本人がいるの?

「0.01%」ではないかと言われています約1万人に1人の確率だというから驚きです。

しかし、不思議なことに親から子へは遺伝しないそうです。DNAに突如現れる「遺伝子」のイタズラとでもいいましょうか。

そして、私も知らなかったのですが「左右の目の遺伝は別々」だそうです。遺伝の情報が異なる時に違う色になるそうです。

そう考えるとオッドアイになるのも不思議ではないのかもしれません。

なかには「まだら症」もあります。母から色素の遺伝が異常に伝わったため色素部分が欠かけてしまうこともあるのだとか。

海外の有名人にもオッドアイの人が!キーファー・サザーランドも?

 

View this post on Instagram

 

everyone74さん(@k98everyone74)がシェアした投稿

名作「スタンド・バイ・ミー」で子役として出演。そして「24-TWENTY FOUR-」の主人公ジャック・バウアー役を熱演したことで有名な「キーファー・サザーランド」さん。

先天性なのか後天性かなのかは不明ですが、グリーンとブルーのクールなオッドアイです。画像を目を凝らして見てみると「違う!」となります。

グリーンとブルーの瞳は透明感があるので、明るい所で接写しない限り画像では分かりにくいのかもしれません。

オッドアイ関連の症状

「ワールデンブルグ症候群」という言葉もあります。これは「遺伝子の異常」で何らかの障がいを合わせ持つ確率が高いそうです。

この中に「オッドアイ」「永遠に部分白髪」など1つだけではなく、多発的に障害が起こる確率が高いようです。

オッドアイだから迫害を受けた、逆に宝物のように扱われた歴史もあるようです。

しかし私から見て、オッドアイは「素晴らしい奇跡」としか考えられません。この上なく羨ましい色彩。ミステリアスな輝き。近くで見つめられたら、うっとりしてしまうと思います。

綺麗なお顔立ちの奥菜恵さんは、美しいオッドアイも相まって、より魅力的にみえます。現在はドラマの出演等で活躍されており、Instagramの投稿で最近の様子もチェックすることが出来ます。これからの活躍も楽しみですね!