岡福麻希の天然すぎる性格!伝説のストーリーや黒い肌など徹底調査!

フリーアナウンサーの岡副麻希さんは「黒すぎるアナウンサー」として人気になっています。そんな岡副麻希さんは天然ということでも有名。今回は、岡副麻希さんの天然エピソードを紹介します。

天然性格で人気番組に引っ張りだこ!ほんまでっか、ダウンタウンなう!

 

View this post on Instagram

 

岡副麻希さん(@maki_okazoe_official)がシェアした投稿

さまざまな天然エピソードを残している岡副麻希さんは、「ホンマでっか!?TV」や「ダウンタウンなう」などの人気バラエティ番組にも引っ張りだこ。ここでも天然ぶりを炸裂させているのです。

「ホンマでっか!?TV」に出演した時には、あるゲストが「世田谷あたりに住んでいる」と発言すると、岡副麻希さんが突然「一緒らへんです」とコメント。アナウンサーらしからぬ唐突な発言にはブラックマヨネーズの小杉竜一さんも「後でせい、そんな話は」と突っ込みを入れる事態に。

「ダウンタウンなう」でも迷走っぷり

また、「ダウンタウンなう」では、坂上忍さんから「怒られたこととかあるの?」と聞かれたときに「マキちゃん、ヒメちゃんの面倒見てって言われる」と謎の返しをしています。どうやらヒメちゃんというのは愛犬の名前だそうで、岡副麻希さんは母親から犬の面倒を見るように怒られるということを話したかったようです。

説明足らずに話す岡副麻希さんの様子に、ダウンタウンの松本人志さんも「予想以上にアホやな」とお手上げ状態。それでも大きなインパクトを残した岡副麻希さんは、坂上忍さんから人気が出るだろうと絶賛されていました。

岡福麻希の天然はわざと?計算でコメント?

 

View this post on Instagram

 

岡副麻希さん(@maki_okazoe_official)がシェアした投稿

数々の天然エピソードを残している岡副麻希さんですが、この天然はわざとで計算なんじゃないかという話も出てきています。というのも、岡副麻希さんは早稲田大学出身で頭脳明晰。その上アナウンサーとしてしっかりと勉強もしているはずですから、北北西の読み方を間違えるという初歩的なミスなどはおかしいといわれているのです。

ただ、この北北西の間違いに関しては岡副麻希さん自身が弁解をしています。それによると、「ほくほくせい」という読み方はもちろん知っているものの、スーパーで書かれているのを見かけた「北」「北」「西」というそれぞれの単語が頭に浮かんで、とっさに「きたきたにし」と言ってしまったんだそうです。

天然は生まれつきか

岡副麻希さんが北北西の読み方を間違えた原因はわかりましたが、それ以外の天然エピソードはやはり計算では難しい部分もあるのではないでしょうか。岡副麻希さんは考え抜いた末に面白いと思ったことを発言しているというよりも、思ったことをそのまま発言しているように感じます。

そのため、岡副麻希さんの天然エピソードはわざとではなく自然に出てくるものなんだと思います。天然なところは岡副麻希さんのある意味才能なのではないでしょうか。