岡田将生は天然で純粋?爽やかな笑顔に家族想いの優しい性格!

俳優の岡田将生さんはイケメンなルックスからは意外な、天然で純粋な性格が魅力となっています。今回は、そんな岡田将生さんのプロフィールや天然エピソード、潔癖症エピソードなどをまとめました。

岡田将生は家族想い!パワースポットは実家!

 

View this post on Instagram

 

岡田将生ファンページさん(@masaki.fanpage)がシェアした投稿

家族想いの岡田将生さんは、実家がパワースポットだと話すほどに家族のことが大好き。仕事の合間を見つけてよく実家に帰っているそうです。

「A-Studio」に出演した際には、家族からの手紙も披露されたのですが、それぞれから愛のこもった言葉を受け取った岡田将生さんは目に涙を浮かべて感動していました。人気俳優の岡田将生さんはあまり家族と会う時間が少ないとは思いますが、家族との絆は深いようです。

家族をテーマにした映画に出演!

岡田将生さんは2018年11月に公開の映画「家族のはなし」に出演しています。これは、鉄拳さんが書き下ろしたパラパラ漫画と実写映像を融合させた作品。家族の大切さを描いた内容なのですが、岡田将生さんはこれを「両親に見てほしい」と話しています。

普段両親と仕事の話をすることはほとんどないといいますが、今自分の背中を押して応援してくれている両親へ、映画を通して感謝の気持ちを伝えたいのかもしれませんね。

爽やかな笑顔が魅力的!俳優としての実力は?

 

View this post on Instagram

 

岡田将生ファンページさん(@masaki.fanpage)がシェアした投稿

爽やかな笑顔が魅力的な岡田将生さんですが、岡田将生さんはルックスが魅力的なだけでなく、俳優としての実力も評価されています。

これまで多くの賞を受賞

2008年にドラマ「フキデモノと妹」で初主演を果たした岡田将生さんはその後、2008年冬から2009年にかけて、「魔法遣いに大切なこと」、「重力ピエロ」、「ハルフウェイ」、「ホノカアボーイ」「僕の初恋をキミに捧ぐ」といった5本もの映画で主要キャラクターを演じています。

これらの演技が評価された岡田将生さんは、2009年度の映画賞の新人賞を総なめ。大ブレイクを果たしています。それ以降も多くの作品に出演している岡田将生さん。2010年には映画「悪人」と「告白」の2作品で第34回日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞。

さらに、2013年にはドラマ「リーガルハイ」で第79回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞を受賞、2016年にはドラマ「ゆとりですがなにか」で第4回コンフィデンスアワード・ドラマ賞・主演男優賞を受賞するなど、数多くの賞を受賞しています。