今現在アロマセラピストの大橋マキはイタリアから葉山に!結婚相手(夫)など調査

大橋マキは現在アロマセラピスト!本も出版!

I LADY.さん(@ilady_srh)がシェアした投稿

アロマセラピストになったきっかけ

大橋マキさんはイギリス留学中に植物療法を学び、帰国後はアロマセラピスト(英国IFA認定アロマセラピスト資格所持)として病院で働くようになり、今に至ります。

アロマセラピストになったきっかけは、フジテレビのアナウンサー時代に情報番組の取材でアロマに触れたことですが、施術(タッチング)を受けたときに、母親の手のひらを思い出したそうです。

10代のころの大橋マキさんはとにかく親に反抗していたそう。しかし、そんなときでも母親は背中をさすってくれたことを思い出したのだとか。そして、言葉で伝えることだけでなく、肌にさわることが相手に伝わることだと気づいたのです。

アロマセラピストとしての活動、著作も

病院で働きながらアロマや代替療法なども取材し、介護などにも関わるようになったという大橋マキさん。病院で6年働いたのち、現在はイベント、コンサートなどでのアロマ空間演出を手がけたり、介護のためのアロマ、精油の地産地消の仕組みづくりなどさまざまなプロジェクトに関わっています。

著作としては「ハーブティーバイブル」「アロマの惑星」「旅するように。伊豆葉山暮らし。」など6冊を出版しています。

また、「東京海上日動 LOVING HOME 」(TOKYO FM系)でのパーソナリティ、「聴くecomom」(ラジオNIKKEI)のナビゲーターとしての活動もしています。

イタリア移住から帰国!葉山に家(自宅)があるの?

1031☀さん(@akiyuki1031)がシェアした投稿

2015年、大橋マキさんは夫の仕事の関係で(ミラノ万博)ミラノへ移住しました。夫が単身赴任という形を望まなかったこと、子供が小さかったという理由でした。イタリアでは子供たちをインターナショナルスクールではなく地元の学校へ入学させたそう。当時下の子供は4歳だったので、言葉や文化に馴染めず大変だったそう。

2017年には帰国し、葉山に住んでいます。2009年から葉山に住んでいるようです。大橋マキさんの出身が鎌倉ということですから、実家に近いところに居を構えたのかもしれません。また葉山とイタリアの空気感が似ていると感じており、ゆったりと生活しているそう。