落合恵子は結婚して夫(旦那)がいる?父親は?絵本の翻訳活動も

文化放送の元人気アナウンサー、作家、翻訳家など様々な顔を持つ落合恵子さんは、70歳を過ぎた今も積極的に公演活動を続けています。ここでは、落合恵子さんの活動についてわかりやすく解説します。

落合恵子のプロフィール!出身大学は?

 

View this post on Instagram

 

mayumiさん(@mayumi.aota)がシェアした投稿

生年月日:1945年1月15日
出身地:栃木県宇都宮市
出身大学:明治大学文学部英文学科
主な著書:三匹の犬と眠る夜、自分を抱きしめてあげたい日に
職業:作家

栃木県宇都宮市出身の落合恵子さんは2018年で73歳、明治大学文学部英文学科卒業後の1967年にアナウンサーとして文化放送に入社しました。

日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲やセイ!ヤング、こんばんは、落合恵子ですなどの番組でパーソナリティーを担当、年代を問わず幅広い層に受け入れられる優しい声と口調で人気アナウンサーとなりました。

1974年に退社後は作家として活動を開始、1976年には児童書専門のクレヨンハウスを開きますが、この頃から女性や子供の問題についての評論や講演活動を開始、現在もこうした活動を精力的に行っています。

あまり物欲がなく、印税をクレヨンハウスの開店資金に充てることにも躊躇しなかったそうで、思ったらすぐに行動に移す積極性と自分が良いと思ったことはとことんやりぬく粘り強さを持った女性と言えるでしょう。

落合恵子は結婚して旦那がいる?子供は?

 

View this post on Instagram

 

東本願寺 しんらん交流館さん(@shinrankoryukan_higashihonganj)がシェアした投稿

落合恵子さんは73歳になる現在まで結婚したことがなく独身を貫いています。結婚しないと決めていたわけではないでしょうし、恋愛をしなかったわけでもないでしょうが、結婚には至らなかったようです。

旦那も子供もおらず、恋愛が噂になったこともありません。女性や子供についての問題提起をしていることと結婚しなかったことに関係があるのかもわかりませんが、落合恵子さん自身は結婚観について語った言葉は残されていないようですね。