仲代奈緒の父は仲代達矢!結婚や複雑な生い立ちを紹介!

Nao Nakadaiさん(@naonakadai)がシェアした投稿

舞台を中心に活躍、仲代奈緒とはどんな人?

舞台を中心に活躍している女優、仲代奈緒さん。8歳の時に無名塾公演の「マクベス」で初舞台を踏み、それ依頼舞台を中心に活躍されています。

舞台だけではなく、オリジナルの朗読劇やライブなどを行う「ねねぷろじぇくと」を立ち上げ活動もしています。

そんな仲代奈緒さんの父親は誰なのか、家族構成は?結婚はしているの?プロフィールとともに仲代奈緒さんについてご紹介します。

仲代奈緒のプロフィールを紹介!

Nao Nakadaiさん(@naonakadai)がシェアした投稿

生年月日:1973年12月11日
出身:東京都
身長:155cm
血液型:O型
趣味:料理、グリーティングカード作り、油絵
特技:歌、作詞、作曲
実父・実母:山川建夫・宮崎総子
養父・養母:仲代達矢・宮崎恭子(宮崎総子さんの姉)

略歴

1982年に無名塾公演の「マクベス」で初舞台を踏みます。1991年には「きっと忘れない」で歌手デビューも果たしました。1996年、NHK大河ドラマ「秀吉」で養父である仲代達矢さんと共演します。

2011年には現在は亡き養母である宮崎恭子さんの意志を継ぎ「ねねぷろじぇくと」を立ち上げ、自ら企画、制作、演出を手がけた「大切な人」「ロミオとシラノとジュリエット」を公演しました。近年の主な活動は、関西地方を中心に「百年目のラブレター」「大切な人」の上演に注力しています。

仲代奈緒の父親は仲代達矢!養子になった理由は?

Nao Nakadaiさん(@naonakadai)がシェアした投稿

プロフィールでもご紹介した通り、仲代奈緒さんの父親は俳優の仲代達也さんです。仲代達也さんは、養父であり、実父はアナウンサーであった山川健夫さんです。何か事情があり、実母であるアナウンサーであった宮崎恭子さんの姉である養母の宮崎恭子さんと仲代達也さん夫婦に引き取られたようです。
つまり、仲代奈緒さんは実母の姉夫婦に引き取られたということです!

仲代奈緒さんが4歳の時に養子になっています。4歳の子供って、物心もついていますし、両親が健在であるのに身内の養子になると言われたらかなりの衝撃と動揺があったと思います。では、なぜ仲代奈緒さんは養子になったのでしょうか?気になりますよね?

その理由ですが調べてみると、養母である宮崎恭子さんと仲代達也さん夫婦の間に子供が出来なかったからだと言われているようです。とはいえ、4歳の子供からしてみれば大人の事情で養子に出され、当時の仲代奈緒さんの気持ちを考えると少し複雑ですね。

そして、仲代奈緒さんが養子に出された後に実のご両親は離婚をされています。もしかしたら、養子に出されたことと離婚も関係していることなのかもしれませんね。

もう一つ気になることが、実母である宮崎総子さんと仲代奈緒さんの関係ですよね。「私、捨てられたの?」と思ってしまってもおかしくない状況ですし、確執が生まれてしまったのでは!?調べてみると、どうやらそのような状況ではなくお二人の関係は良好そのものだったようです!

舞台やテレビ番組でも共演されていて、二人はとても仲睦まじい様子が見て取られます。なんだか少し安心しましたね。

仲代奈緒は結婚して夫がいるの?

Nao Nakadaiさん(@naonakadai)がシェアした投稿

仲代奈緒さん自身の気になるプライベートですが、現在ご結婚はされて旦那様はいるのでしょうか?こちらも調べてみました!正式に発表はされているような結婚やお付き合いされている方の情報はみつかりませんでした。

2011年4月11日の仲代奈緒さんご自身のブログにて「私、結婚します!って、嘘です・・・。せっかく1年に一度だけの嘘をついていい日なので、一応言ってみました(笑)」と綴られているのを発見しました!なので、少なくとも2011年当時は独身であったことは間違い無さそうです。

こちらのブログのコメント、一瞬びっくり驚きとともに、仲代奈緒さんのお茶目な一面も見られた気がしますね。複雑な家庭環境で育った仲代奈緒さん、ステキな男性とめぐり逢い温かい家庭を築いて欲しいですね。応援しています!