永作博美は昔からかわいい!衰えぬ美貌の秘密はある?

女優の永作博美さんは童顔でかわいいルックスが魅力的です。今回は、そんな永作博美さんの昔から現在までを調査。顔の変化や私生活に関する情報をまとめて紹介しています。

超童顔の永作博美!昔から顔は変わらない?

 

View this post on Instagram

 

nico_zukanさん(@nico_zukan)がシェアした投稿

女優の永作博美さんは芸能界きっての童顔です。いくつになってもかわいい容姿はそのままで、多くのファンに愛され続けています。年を重ねてもこれだけ童顔でかわいい方は、永作博美さん以外になかなかいないのではないでしょうか。

永作博美さんは1994年にドラマ「陽のあたる場所」で女優デビューしています。それ以降多くの作品で活躍を続けているのですが、デビュー当時から現在までの画像を比べても、ほとんど変化がなくずっとかわいいままです。むしろ昔より今のほうがかわいいんじゃないかというほど。驚異の美魔女っぷりを見せつけています。

美の秘訣は毎日の食事?

永作博美さんの昔と変わらないかわいさの秘訣が気になりますが、食事面ではいろいろと気を付けているようです。例えば、毎日魚を食べる、生の玉ねぎを食べる、毎朝豆乳を飲むなど。また、ジュースなどは飲まず、代わりにお茶を飲んでいるとのこと。そして、料理をしてストレスを発散しているようです。

これらは誰でも簡単に実践に移せることですが、毎日欠かさず続けるというのは難しそう。永作博美さんの美は1日にしてならずということなのでしょう。

永作博美は「ribbon」というグループのメンバーだった

 

View this post on Instagram

 

minoki256さん(@minoki463)がシェアした投稿

永作博美さんは1988年のフジテレビ「オールナイト・フジ 女子高生スペシャル」の美少女コンテストでベスト・パフォーマー賞を受賞。その後は1989年12月に3人組アイドルグループ・ribbonを結成し、アイドルとして活動を始めています。

ribbonのデビュー曲は「リトル・デイト」。この曲はアニメ「らんま1/2」の主題歌にも起用されており、オリコン10位を記録しています。ribbonはバラエティ番組にも出演することが多く、深夜にribbonがメインとなるバラエティ番組も放送されていました。

ribbonはどうなった?

ribbonは解散していませんが、1995年以降グループとしての活動がありません。どうやら、メンバーの個人個人の仕事が増えていったため、個人の考え方を尊重して解散せずに休止状態にあるんだとか。それでもメンバー3人は今も仲がいいらしく、年に1度は会っているんだそうです。

ribbon時代に、永作博美さんはシングル「My Home Town」でソロデビューも果たしています。今は女優となっている永作博美さんのアイドル時代はかなり貴重なものですね。