三浦大知の結婚した嫁は岡山出身の社長令嬢?!子供はいる?

紅白出場やレコード大賞受賞などで話題になった三浦大知さんは2015年に結婚しましたが、最近は離婚危機も報じられています。嫁がどんな女性なのか、どうやって知り合ったのかなど気になるプライベートについて調べてみました。

三浦大知は結婚している?結婚式は挙げた?

 

View this post on Instagram

 

三浦大知さん(@daichimiura824)がシェアした投稿

9歳の頃にFolderのメンバーとしてデビュー、変声期で活動を休止したこともある三浦大知さんですが、17歳でソロデビューしてからは歌唱力だけでなく、ダンスの上手さも認められ「和製マイケルジャクソン」と呼ばれることもあります。子供の頃から知っている人からすると、意外な気もするかもしれませんが、実は28歳の時に既に結婚しています。

嫁が一般人ということもあり、結婚式を挙げたのかどうかなど詳細はわかりませんが、2015年1月1日に結婚したことを公式に発表しました。

嫁は美人な岡山出身の社長令嬢って本当?ボイストレーナーのあゆみは無関係?!

 

View this post on Instagram

 

三浦大知さん(@daichimiura824)がシェアした投稿

嫁についての情報を調べてみると、岡山の社長令嬢という情報が多く見られます。そもそもの馴れ初めは、三浦大知さんがお世話になっていた社長が、娘を紹介したということで、嫁が社長令嬢であることは確かでしょう。ただ、岡山出身かどうかについては、ネットの掲示板情報が元になっている為確実ではありません。

「あゆみさん」というのが嫁の名前だと言われることもありますが、同時にボイストレーナーのあゆみという存在がクローズアップされることもあるようです。三浦大知さんのボイストレーナーで、Folderのマネージャーだったなど、あゆみさんにまつわる噂は色々ありますが、これも情報源ははっきりしていません。

三浦大知さんは、週刊誌の直撃取材を受けた時にも、まずは嫁を他の場所に移動させてから取材に答えるという配慮をしたそうです。芸能人と結婚したとはいえ、嫁が一般人であることは変わりません。何を書かれるかわからない報道陣から嫁を守る為にも、徹底して情報を制限していると考えて良さそうですね。