アイスホッケー久保英恵は結婚している?兄弟や出身小学校・中学は?

アイスホッケー絶対的エース!久保英恵

アイスホッケー女子の絶対的エースである久保英恵選手。2010年に一度現役を引退しましたが、1年半後には復帰し、アイスホッケー女子の平昌オリンピック出場に貢献しました。

今回は、そんなアイスホッケー女子には欠かせない久保英恵選手について詳しく紹介します。

久保英恵のプロフィール!血液型や出身小学校・中学は?

生年月日:1982年12月10日
出生地:北海道苫小牧市
身長:168センチ
体重:64キロ
血液型:B型

久保英恵選手は北海道出身の女子アイスホッケー選手です。出身の小学校に関してははっきりとした情報がありませんが、苫小牧市立和光中学校を卒業しているため、苫小牧市緑小学校出身ではないかとの見方があります。高校は北海道苫小牧工業高等学校を卒業し、その後浅井学園大学短期大学部に進学、卒業しています。

アイスホッケーを始めたきっかけ

久保英恵選手がアイスホッケーを始めたのは4歳頃。久保英恵選手の2人のお兄さんがアイスホッケーをしていたことから、久保英恵選手も自然とアイスホッケーを始めたとのことです。久保英恵選手は当時からアイスホッケーの魅力に取りつかれていたようで、久保英恵選手の父・章一さんの手作りリンクで早朝や学校の後に楽しみながら練習に励んでいました。

父の手作りリンク

父・章一さんの手作りリンクが作られていたのは自宅から徒歩30秒のところにある近所の小学校の校庭。冬になると、フェンスを立てた中に雪を踏み固めて水をまき、それが凍るまで待つ、という作業を繰り返し、頑丈で状態のいいリンクを作っていたんだとか。リンクのサイズは約60メートル×30メートル。大人が使用するリンクと同じサイズです。寒い冬場にこれほど根気のいる作業を行っていたのはすごいですね。なかなかできることではありません。

日本代表に選出

そんな素敵な環境で育った久保英恵選手は小学校の時から選抜チームの一員として活躍。中学校に入学するとアイスホッケー女子日本代表に選出されます。中学生にして日本代表になるとは相当のプレッシャーがあったのではないかと普通は考るのですが、久保英恵選手本人はそこまでのプレッシャーを感じていなかったとのこと。さすがは絶対的エースと言われるだけあります。

そして15歳の時、1998年の長野オリンピックで代表候補に選ばれます。しかし、この時出場は叶わず。その後の2001年2月には2002年開催のソルトレイクシティオリンピックの予選、2004年11月には2006年開催のトリノオリンピック予選に日本代表として出場を果たしますが、いずれも勝ち進むことができず、オリンピックの出場権は勝ち取れません。

現役から退いた時期も

2005年になるとカナダのNWHL・オークビルアイスに移籍し、1シーズン主力として活躍。長年日本代表のエースであり続けた久保英恵選手ですが、バンクーバーオリンピックの予選には選出されず、日本が予選通過後にオリンピックでの代表復帰を狙っていたものの、日本は結局予選敗退。このことをきっかけに「アイスホッケーをやっている意味がない」と感じてしまった久保英恵選手は、2010年3月に行われた試合を最後に現役を引退します。

一度現役を引退するも、約1年半後に現役を復帰。また日本代表となった久保英恵選手は、2017年2月の平昌オリンピック最終予選で3試合5得点を決める活躍ぶりを見せ、アイスホッケー女子は平昌オリンピックへの出場を決めます。

久保英恵に兄弟はいる?

プロフィール紹介の部分でも少し触れましたが、久保英恵選手にはお兄さんがいます。久保英恵選手をアイスホッケーの道へ導くきっかけとなったお兄さんとはどんな人なのか気になりますね。

しかし、2人のお兄さんがいるという情報しかなく、それ以上の話は見つかりませんでした。今もお兄さんたちがアイスホッケーを現役選手でやっているのなら何らかの情報があるかと思いましたが、アイスホッケーはやらなくなったのか、もしくは久保英恵選手のようにプロとしてではなく趣味程度にやっているのかもしれませんね。

引退から現役復活したエピソード!

Daisuke Fukumoriさん(@dskfkmr)がシェアした投稿

一度現役を引退した久保英恵選手が現役への復帰を意識し始めたのは2011年のこと。サッカーワールドカップでなでしこジャパンが優勝したことが影響していました。この時決勝で得点を決めたのは、なでしこジャパンのエース・澤穂希選手です。アイスホッケー女子でエースと呼ばれていた久保英恵選手は自分と澤穂希選手を重ね、諦めなければ夢は叶うんだという気持ちになったとのこと。

そして久保英恵選手の現役復帰には、当時日本アイスホッケー連盟副会長だった若林仁さんの存在も重要でした。久保英恵選手がカナダでプレイしていた時から親交のあった若林仁さんは、女子アイスホッケーには久保英恵選手の力が必要だと考えており、北海道に戻っていた久保英恵選手を必死に説得したのです。最初はいい返事をしていなかった久保英恵選手ですが、若林仁さんの熱意に応え、現役復帰を決めました。

現役復帰してからは試合で活躍し、オリンピックの出場にも貢献します。これも若林仁さんの熱心な説得のおかげですね。

アルバイトで生計を立てた過去!太陽生命に内定し正社員へ!

Kenji Fukuiさん(@kenji7413)がシェアした投稿

これまで久保英恵選手は、競技活動に専念するため正社員ではなく受付などのアルバイトをして活動費の工面や生計を立ててきました。他のアイスホッケー選手も同じで、防具が壊れても補修しながら使うなどして苦労が多かった模様。安定しない収入では精神面の不安も大きく、選手たちの負担も相当だったと考えられます。

しかし、オリンピックへの出場で状況は一変。日本オリンピック委員会の仲介や知名度があがったことにより、アイスホッケー女子選手は全員正社員として就職先が見つかりました。久保英恵選手は最後のアルバイト組だったのですが、「アスナビ」という就職支援ナビゲーションを利用して、2013年に太陽生命保険株式会社への就職が決まります。

アイスホッケーの活動に理解を示してくれる会社だということですから、競技環境の向上にもつながったようです。

久保英恵は結婚している?

Kenji Fukuiさん(@kenji7413)がシェアした投稿

平昌オリンピックへ出場も果たし大活躍中の久保英恵選手ですが、プライベートの恋愛事情なんかはどうなっているのでしょうか。

久保英恵選手は2018年2月現在で35歳です。結婚している可能性もありましたが、どうやらそれはまだのようです。ソチオリンピックの壮行会で、結婚は大会での活躍後にと抱負を語っていました。しかし、ソチオリンピック終了後も久保英恵選手が結婚したとの報道がありません。もうソチオリンピックから4年たちますから、もしその結婚を考えていた相手とお付き合いが続いているようであれば、平昌オリンピック後に結婚する可能性も否定できませんね。

女子アイスホッケーは平昌オリンピックで残念ながら準々決勝進出を逃してしまいましたが、これからの活躍に期待して引き続き久保英恵選手を応援していきましょう。