ジプシーやアルバムbest friendが有名!児島未散の今現在や結婚について!

junji kainumaさん(@asahimura)がシェアした投稿

80年代から90年代に活躍した歌手・児島未散

「ジプシー」などのヒット曲で知られる児島未散さんをご存知でしょうか。1985年から1997年まで芸能活動しその後引退しているので、若い方はご存知ない方が多いかもしれません。大人の女性をテーマにした楽曲が多く、ご本人も楽曲のイメージ同様洗練された魅力を持っていました。

また、その魅力を活かし女優としても活動し、歌手活動を終了したあと女優に専念していたという珍しい経歴も持っています。今回は児島未散さんの主な作品紹介や、芸能一家で育っていたという事実などのプライベート情報などをまとめました。

児島未散のプロフィール!芸名が児島未知瑠の時もあった!

ry_musicaholicさん(@ryuryu0131_official)がシェアした投稿

本名:児島 未散(こじま みちる)
生年月日:1967年4月25日
出身地:東京都
活動期間:1985年~1997年
出身高校:成城学園高等部
出身大学:成城大学

児島未散さんは、51歳です(2018年5月現在)。成城学園高等部の3年生だった1985年に「セプテンバー物語」でデビューしました。セカンドアルバムの「MICHILLE」では、名前を本名の児島未散から児島未知瑠名義に変えたこともあります。

歌手としてデビューしましたが、女優としてもデビュー時から映画やドラマに出演。歌手や作詞家としての活動は1994年までで終了し、その後3年間女優に専念しましたが、1997年には女優業も引退しました。

ジプシーで有名に!best friendやセプテンバー物語、プロポーズなどリリース曲紹介

@gemico_ccがシェアした投稿

児島未散さんのデビューシングルは1985年リリースの「セプテンバー物語」です。この曲は作詞が大滝詠一さん、太田裕美さん、松田聖子さん、近藤真彦さん、KinKi Kidsなどアイドルを中心に歌詞を提供している作詞家・松本隆さんが担当。

また作曲は、中森明菜さん、菊池桃子さん、岩崎良美さん、杉山清貴&オメガトライブなどへの楽曲提供で知られる作曲家の林哲司さんが担当しました。

ファーストアルバムの「Best Friend」は、デビューと同じ年の1985年にリリース。全曲がデビューシングルと同様に松本隆さんと林哲司さんによるものとなっています。

このアルバムは、大滝詠一さん、山下達郎さんなどに代表される、爽やかで都会的な雰囲気を持つジャンルであるシティ・ポップの要素を持っています。

そのため現在でも児島未散さんのファンのみならず、シティ・ポップファンにも親しまれています。

ヒット曲に恵まれた1990年代

「プロポーズ」は1990年にリリースされた6枚目のシングルです。作詞は中森明菜さん「スローモーション」、薬師丸ひろ子さん「セーラー服と機関銃」などで知られる来生(きすぎ)えつこさん。作曲は小林旭さん、小泉今日子さん、西城秀樹さんなどを手がけた鈴木キサブローさんです。

児島未散さんの代表作は1991年リリースの7枚目のシングル「ジプシー」です。この曲の作詞は、コピーライターで女優の浅野温子さんの夫である魚住勉(うおずみ つとむ)さんが手がけました。

作曲は、山口百恵さん、キャンディーズ、西城秀樹さんなどのヒット曲で知られる馬飼野康二(まかいの こうじ)さんです。

「ジプシー」は、浅野温子さんが出演したシャンプーのCMソングになり大ヒットとなります。オリコンの順位は最高で4位と、児島未散さん最大のヒット曲に。

児島未散さんは楽曲提供する作詞家、作曲家がヒットメーカーばかりというところが特徴のようです。ヒットメーカーがこぞって楽曲提供したくなるような歌手としての魅力が、児島未散さんにはあったということなのでしょう。

児島未散は結婚してる?子供は?

児島未散さんが結婚しているか、また子供がいるかどうかについては一切情報がありません。

引退後の1998年にアメリカに渡ったとされる児島未散さんですが、結婚を機に移住した可能性も考えられます。しかしこれも憶測の域を出ません。

児島未散さんは芸能活動を引退したあとは完全な一般人として暮らしており、引退後の生活は謎に包まれています。