スケート加藤条治の筋肉がすごい!結婚相手や子供は?長島圭一郎との仲も調査!

Joji KATOさん(@jojikato0206)がシェアした投稿

平昌オリンピック代表!スピードスケートの加藤条治が気になる!

スピードスケートで平昌オリンピックに出場した加藤条治選手ですが、オリンピックに出場するのはこれで4度目!経験豊富なベテラン選手なのです。

スピードスケートの選手は太ももの筋肉が桁違いですごいと言われますが、加藤条治選手もとても筋肉質なのです。どれほどの筋肉を持っているのか気になりますね。

また、すでに結婚している加藤条治選手ですが、どんな相手が奥さんなのでしょうか。今回は同じスピードスケート選手の長島圭一郎選手との仲も調査しました!

加藤条治のプロフィール!出身高校・大学は?

Joji KATOさん(@jojikato0206)がシェアした投稿

生年月日:1985年2月6日
出身地:山形県
身長:165センチ
体重:67キロ

加藤条治選手は4人兄弟の末っ子なのですが、3人のお兄さんがみんなスケートを習っていたことが影響し、小学1年生の時にショートトラックからスケートを始めました。

加藤条治選手の出身地である山形県は、雪国であるものの、あまりスケートが盛んではありません。そんな中、山形県で唯一スケート部があった山形中央高校に進学します。加藤条治選手は高校時代にインターハイ男子500mで三連覇を達成するなど、めきめきと実力を上げていきました。

高校卒業後は大学へは進学せず、日本電産サンキョー株式会社へ入社し、スケート部に所属します。日本電産サンキョー株式会社のスケート部は数々のオリンピック選手を輩出している名門です。その中には、一時世界記録を保持していた清水宏保選手もいます。

加藤条治選手は、2005年11月に開催されたW杯で、当時清水宏保選手が持っていた世界記録の34秒32を5年ぶりに更新する34秒30という男子500m世界新記録を樹立し、優勝するという快挙を成し遂げています。現在世界記録は他の選手に更新されてしまいましたが、現在の日本記録保持者となり、世間からの注目度は抜群でした。

そして2006年にトリノオリンピックに出場して以降、2010年バンクーバーオリンピック、2014年ソチオリンピック、そして2018年の平昌オリンピックと、4度オリンピックに出場します。現在は日本電産サンキョー株式会社を退社し、博慈会記念総合病院に所属しています。

加藤条治はイケメン&筋肉がすごいと話題に!かわいい一面もある?

Joji KATOさん(@jojikato0206)がシェアした投稿

オリンピックに4度も出場するほどの実力から人気となっている加藤条治選手。しかし、加藤条治選手の魅力はそれだけではありません。イケメンだということでも話題になっています。

加藤条治選手のインスタグラムで普段の様子がアップされているのですが、いつもおしゃれで爽やか。メガネをかけている姿も紳士的でかっこいいです。

さらにトレーニング中の写真も載っているのですが、何とも筋肉が素晴らしい!太くてがっちりした太ももはいつまでも見ていられそうなくらい男らしいです。平昌オリンピックのレース後にはユニフォームの前ファスナーをおろし、美しく鍛え上げられた胸元があらわに。これを見て「加藤条治選手かっこいい!」とツイッターで呟く人が続出しました。

過去にテレビ出演した際には、山形訛りで話をしたり、「足を自分でつらせる研究をしていた」などの面白いエピソードを披露することもありました。足がつると悶えてしまうくらい嫌な感覚でいっぱいになりますが、それを自らやってしまうとは。天然なのでしょうか。そういった不思議でかわいい一面も加藤条治選手の魅力ですね。