井岡一翔の愛車がすごいと話題に!豪邸に住んでいるって本当?

プロボクサーの井岡一翔さんは3階級制覇王者。多くの年収を稼ぎ、数千万はくだらない高級車や億を超える豪邸を手に入れています。今回は、そんな井岡一翔さんの愛車や豪邸を紹介します。

イケメンの世界チャンピオン、井岡一翔のこれまでの経歴

 

View this post on Instagram

 

bghb_galleryさん(@bghb_gallery)がシェアした投稿

井岡一翔さんは中学1年生でボクシングを始め、学生時代からその才能を開花させています。高校2年生では、ライトフライ級で選抜大会、インターハイ、晴れの国おかやま国体で優勝。3年生でも選抜大会、インターハイ、のじぎく兵庫国体で優勝しており、高校6冠を達成しています。

プロ転向後も好調

井岡一翔さんがプロに転向したのは2009年です。プロデビュー戦ではタイ王国フライ級王者のトンタイレック・ポーウォラシン選手と試合を行い、3RでTKO勝利を飾っています。そして2011年には、WBC世界ミニマム級王者オーレイドン・シスサマーチャイ選手に挑戦。5Rで見事TKO勝利をおさめ、世界王座を獲得します。

井岡一翔さんの勢いは止まることなく、2012年にはライトフライ級に転向。年末に元WBA世界ライトフライ級暫定王者ホセ・アルフレド・ロドリゲス選手から6RTKO勝利を奪い、2階級制覇を成し遂げます。さらに、2014年にはフライ級に転向。

2015年に3階級制覇

2014年5月には3階級制覇に1度失敗してしまいますが、その1年後の2015年4月にWBA世界フライ級王者のファン・カルロス・レベコ選手と対戦。井岡一翔さんの判定勝ちとなり、悲願の3階級制覇を達成。その後5回の防衛にも成功しています。

数々の栄光を成し遂げてきた井岡一翔さんですが、2017年12月31日には記者会見を開き引退を表明。一時ボクシングの現役から退くことを決断しています。

井岡一翔の愛車は超高級車のランボルギーニ

 

View this post on Instagram

 

ボクシング・ビート/BOXING BEATさん(@boxing_beat)がシェアした投稿

井岡一翔さんの愛車といえば、超高級車のランボルギーニであることが有名です。井岡一翔さんは2012年ごろからランボルギーニに乗っているようです。

井岡一翔さんの愛車であるランボルギーニは、限定185台という貴重なランボルギーニ・ガヤルドネラ。車体価格は約2500万円。井岡一翔さんはこの車にチャンピオンベルトをかけるのが夢だったんだそう。車を手にした後は、WBA、WBCのチャンピオンベルトを車にかけ、記念撮影をした様子をブログにアップしていました。

さらに、井岡一翔さんはもう一台ランボルギーニを所有しています。もう一台はランボルギーニ・ムルシエラゴ。色は世界に3台しかないという希少なランボグリーンで、車体価格は約4500万円だといいます。内装もグリーンで存在感は抜群。3階級制覇王者の井岡一翔さんにお似合いの車です。