俳優・井上孝雄の妻は馬渕晴子!子供はいるの?長男は?

演劇を中心として活動しただけでなく、洋画の吹き替えでも存在感を示した俳優の井上孝雄さんは1994年に死去しました。ここでは、生前の活動と併せて妻や子供など井上孝雄さんのプライベートにもスポットを当ててご紹介します。

井上孝雄の声優・俳優での出演番組は?

井上孝雄
https://blogs.yahoo.co.jp

井上孝雄さんが俳優として出演した作品には映画日本のいちばん長い日やイルカに逢える日などがあります。また、1960年代の大河ドラマ赤穂浪士や1990年代の飛ぶが如くなどにも出演しています。1980年代以降は2時間ドラマやミステリーなどにも数多く出演しており、各局のワイド劇場ではお馴染みの役者さんです。

続・猿の惑星のジェームズ・フランシスカスやアラビアのロレンスのピーター・オトゥールなどの吹き替えも井上孝雄さんの声で聞き慣れている人は多いはずです。

洋画やドラマの吹き替えはかなりの数をこなしており、アガサクリスティーシリーズや刑事コロンボ、ダーティーハリーなど日本でも大人気のドラマシリーズでは必ずと言って良いほどキャスティングされています。

井上孝雄の死因は肝不全

井上孝雄
https://twitter.com/hashtag

井上孝雄さんは1994年10月16日に肝不全で亡くなっています。入院する直前まで放浪記のツアーで公演を行っていたため、本人としても途中降板するのは無念だったでしょう。

没年齢59歳というのは、現在の寿命から考えても若い方ですし役者としてまだまだ活躍できる年齢だっただけに、その死を悼む声も多かったようです。ただ、死の直前まで舞台に立てたことで役者人生を全うしたという人もいたようで、確かにその点に関しては役者として幸せだったかもしれません。

井上孝雄さんが亡くなってから2018年で24年が経ちますが、今でも洋画の再放送などで声を聞く機会はあります。これまで名前と顔が一致しなかったという人も多いと思いますが、これを機に井上孝雄さんの出演、吹き替え作品に触れてみてはいかがでしょうか。