永遠の17歳井上喜久子の娘は井上ほの花!声優で年齢は19歳でママより年上?

女性声優の井上喜久子さんはその美しい声と容姿から、ファンから永遠の17歳というキャッチフレーズで愛されています。さらに彼女には同じく声優として活躍する娘の井上ほの花がおり、年齢がママよりも上ではないかと話題のようです。

可愛いと噂の井上ほの花とは?本名、大学はどこ?

 

View this post on Instagram

 

美少女の部屋さん(@superneet1995)がシェアした投稿

井上ほの花さんは井上喜久子さんの実の娘であり、母と同じ声優事務所のジュニア部門の所属となりました。HONOKAという名義でCDデビューを果たしており、その際のキャッチコピーが母と同じ永遠の17歳だったため話題になったようです。ちなみにデビュー当時の実年齢は、本当に17歳でした。

2016年から本格的に声優としてデビューを果たし、2017年には親子で共演を果たしています。夏の時期に放送されていたライトノベルが原作のアニメ作品で、親子で姉妹役を演じていました。井上という苗字は母親の旧姓であるため、本名は熊谷ほの花ではないかと言われています。

所属事務所のプロフィールをチェックすると、井上ほの花は芸名とのことです。また現在大学生でもあり、あるインタビュー記事によると音大に通っているとあります。どこの音大に通っているかは事務所が情報を秘密にしているのか、見つかりませんでした。

成人式の晴れ着を公開!ママは17歳、娘は19歳とファンがざわつく?

 

View this post on Instagram

 

美少女の部屋さん(@superneet1995)がシェアした投稿

娘の井上ほの花さんが成人式を迎えたとき、SNS上で話題になりました。このときは19歳で、残念ながら式の会場には行けなかったようですね。しかし振袖を着た姿が撮影されており、それを自らのSNSアカウントに掲載したのです。晴れ着姿にコメントが集まりますが、なんとそれは母である井上喜久子さんが着用したものだと明かしたのです。

そして親子揃って晴れ着姿の写真を公開し、ここでファンがざわついたと言われています。お母さんは17歳ですよね、3年後にはお母さんが成人式か、などという内容のコメントが残っています。もちろんこれらのコメントは、17歳を自称する井上喜久子さんのファンたちのツッコミなのでしょう。ママが年下で娘の方が年上とは、なんだか面白いですね。