稲森いずみは顔を整形している?美人なのに結婚しない理由は反町隆史?

女優の稲森いずみさんはデビュー当初から変わらぬ美しさを保っていますが、美しさゆえに整形しているという噂が浮上。今回は、稲森いずみさんの整形や結婚しない理由を調査しています。

稲森いずみ、25年間連続でドラマレギュラー出演の快挙!

 

View this post on Instagram

 

Jdramas | movies | actors 🎌さん(@j._.dramas)がシェアした投稿

稲森いずみさんといえば長年芸能界で女優として活躍し続けていることで知られていますが、2018年のドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」で連続ドラマへのレギュラー出演が25年連続となる快挙を成し遂げています。

稲森いずみさんは1989年、高校3年生でモデルとしてデビューしており、その後はバラエティー番組などに出演。1年半の語学留学を経て、帰国後は本格的にモデル活動を再開。そして、1994年にはドラマ「上を向いて歩こう!」で念願の女優デビューを果たしています。

女優デビュー後は多くの作品に出演

女優として活動を始めた稲森いずみさんは、これまでに「ロングバケーション」や「ビーチボーイズ」、「プリティガール」など、多くのヒット作品に出演。25周年を迎えた今でも演技をすることは基本苦しいといいますが、デビュー当時のドラマのプロデューサーにかけられた言葉を胸に一生懸命やってきたそうです。

稲森いずみさんがプロデューサーからかけられた言葉というのが、「自分の演技を見て1日でも救われたりするのだから、自分の役割の重さを感じながら頑張りなさい」というもの。この言葉が稲森いずみさんにとって演技への活力となっているようです。

稲森いずみが顔を整形しているという噂!ボトックス?

 

View this post on Instagram

 

あきさん(@actor___love)がシェアした投稿

年齢を重ねても美しさの変わらない稲森いずみさんですが、あまりにも美しいために整形しているのでは?という噂が浮上しているようです。

デビュー当時の稲森いずみさんはモデル出身ということもあり、スタイル抜群、顔立ちも美しく整っていました。それは現在でも変わらないのですが、ここ最近の稲森いずみさんは頬骨のあたりが不自然にふっくらしていて目立ってしまっています。

そのふっくらしている原因として、表情ジワをなくすためにボトックス注射をしたからではないかといわれているのです。ボトックス注射は一時的に顔がふっくらしてしまうことがあります。もし稲森いずみさんがボトックス注射をしているのなら、腫れがひくまえに撮影を入れてしまったものだと考えられます。

ヒアルロン酸注入の可能性も

また、もうひとついわれているのがヒアルロン酸の注入です。ヒアルロン酸注入といえば、長谷川京子さんや平子理沙さんがしているといわれています。唇や頬がふっくらとして若々しくなるのはいいのですが、入れすぎると違和感があり、すぐに入れていることがばれてしまいます。

ただ、稲森いずみさんも場合はあからさまに整形という感じはしませんから、顔の変化は加齢によるものの可能性も高いです。いずれにしても、いつまでも年齢を感じさせない美しさを保っているというのは素晴らしいことですね。