稲垣吾郎の若い頃が美形すぎると話題!現在はまた違う魅力が!?

元SMAPの稲垣吾郎さんはデビュー当時から美少年ということで有名でした。美しく整った顔立ちは元SMAPのメンバーも認めているほど。今回は、そんな稲垣吾郎さんの若いころから現在までの魅力を紹介します。

稲垣吾郎の若い頃がさわやかで美形すぎ!

 

View this post on Instagram

 

はなちゃんさん(@birdman_0909)がシェアした投稿

稲垣吾郎さんは1987年にジャニーズ事務所のオーディションを受けて合格。これをきっかけに芸能界デビューしています。稲垣吾郎さんはその後すぐにSMAPのメンバーとしてk津堂を始めているのですが、その若いころの稲垣吾郎さんが美形だと話題になっています。

デビュー当時から美少年

稲垣吾郎さんの若いころの写真はSMAPのジャケット写真や当時出演していた雑誌、ネット上の画像などで確認できますが、デビュー当時は10代ということもあり、まだあか抜けていない素朴な印象を受けます。それでも素材の美しさは一目瞭然です。

稲垣吾郎さんはSMAPとして活動するかたわら、俳優としてもドラマや映画に出演しています。稲垣吾郎さんは1989年のNHK連続テレビ小説「青春家族」でドラマデビュー。「青春家族」では主人公の弟・阿川大地役を演じています。当時16歳だった稲垣吾郎さんですが、そのときの映像を見ても、ジャニーズ事務所に所属してすぐにSMAPのメンバーに選ばれた理由がわかるくらい、美しく整った顔立ちをしています。

美しい秘密は黒目の大きさにあり?

 

View this post on Instagram

 

みんみんさん(@77.min.min.96.m)がシェアした投稿

稲垣吾郎さんの顔で特徴的なのは大きな黒目。コンタクトで黒目を大きくしているのかと思うくらいに、もともとの黒目が大きいです。女性が黒目をわざと大きく見せようとコンタクトを入れていることからも分かるように、黒目は顔の印象をよくするために重要となっています。

また、稲垣吾郎さんは横顔が美しいことでも有名。若いころの稲垣吾郎さんが「ビクトリアチルドレンを見たような気持ちにさせられる美少年」と紹介されていたほど、日本人でありながら目鼻立ちのしっかりとした顔立ちをしています。

稲垣吾郎さんはSMAPのメンバーでは「美」担当で、木村拓哉さんは稲垣吾郎さんの横顔を「ミロのヴィーナス」だと表現するなど絶賛。稲垣吾郎さんの独特な雰囲気も相まって、絵画や彫刻から飛び出してきたかのような印象を覚えます。