モーグル堀島行真の彼女の噂!父母・姉はどんな人?出身は池田町?

icdiさん(@icdi_tune_up)がシェアした投稿

モーグルの堀島行真選手が詳しく知りたい!

平昌オリンピックで自身初のオリンピック出場を果たしたモーグルの堀島行真選手。このオリンピックでは惜しくもメダルに届きませんでしたが、実力がありこれからの活躍にとても期待されている選手なのです。

今回はそんな堀島行真選手に注目。プロフィールや彼女の噂についてまとめてみました!

平昌オリンピック出場!堀島行真のプロフィール!スポンサーはどこ?


生年月日:1997年12月11日
出身地:岐阜県
身長:170センチ
体重:66キロ

堀島行真選手は岐阜県揖斐群池田町出身のフリースタイルスキー選手で、モーグルを専門としています。

堀島行真選手がスキーを始めたのはわずか1歳のこと。池田町には雪が降らなかったので、週末にはスキー好きの両親に連れられ県外のスキー場へ通っていました。

そして小学4年生になるとモーグルに興味を持つようになります。そのきっかけはスキー大会の賞品でもらったウォータージャンプ場の1カ月無料チケット。モーグル選手は夏場のシーズンオフにウォータージャンプ場で練習することが多いのです。

堀島行真選手の自宅からこのウォータージャンプ場までは片道50kmほど離れているのですが、車で行っても遠く感じるこの距離を自転車で通っていたというから驚きです。それだけ夢中になっていたようで、この水の上でのジャンプがモーグルでのジャンプに活かされるようになりました。

熱心にモーグルに取り組んでいた堀島行真選手は徐々に大会での活躍も目立つようになります。高校入学後は、2年生の時に世界ジュニア選手権デュアルモーグルで7位入賞、3年生の時には2015-2016FISフリースタイルスキー・ワールドカップ開幕戦デュアルモーグルで3位の快挙。このような活躍が評価され、このシーズンにはルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出されました。

大学は中京大学スポーツ科学部に入学します。その後は大会で優勝することも増え、日本を代表するモーグル選手となりました。

スポンサーは?

世界的な大会でも好成績を残している堀島行真選手ですが、スポンサー契約をしている企業があるかどうかは今のところはっきりとした情報はありません。ただ、堀島行真選手が着用しているウェアやスキー板などのメーカーは分かっているのでそちらを紹介します。

ゴーグル:SWANS
ネックウォーマー:GIRO
スキーウェア:OYONE
ビンディング:LOOK
ブーツ:Rexxam
スキー板:ID one
グローブ:TAUBERT

ちなみに、スキー板のID oneというメーカーは日本製スキースノーボードブランドなのですが、平昌オリンピックの男子モーグルで表彰台に上がった1位のミカエル・キングズベリー選手、2位のマット・グレアム選手、3位の原大智選手のすべての選手がID oneのスキー板を使用していました。

女子の元モーグル選手である上村愛子さんもこのスキー板を愛用していたことからも、かなり選手から支持されているメーカーということが分かります。

世界選手権で2冠のエピソード

aflosportさん(@aflosport)がシェアした投稿

堀島行真選手は世界選手権で2冠を達成しています。

2017年フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権に日本代表として出場したときのこと。初出場にして予選を1位で通過した堀島行真選手は決勝でもその勢いは衰えず、見事金メダルを獲得。翌日に行われたデュアルモーグルでも強豪なライバルとの対決に制し、金メダルに輝きます。

この金メダルは日本男子初となる快挙。男女ともに見ても、2009年に上村愛子さんが達成して以来2人目となります。しかも、この時の大会にはモーグルの絶対王者ともいわれるミカエル・キングズベリー選手も出場していました。

このような世界の大舞台での快挙を果たした堀島行真選手は、一気に日本男子モーグル界期待の星と呼ばれるようになります。