一青窈が小林武史との不倫を告白!山口周平とは不倫破局後に結婚!

歌手の一青窈さんは不倫報道で世間を騒がせましたが、現在はギタリストの山口周平さんと結婚し、幸せな家庭を築いています。今回は、そんな一青窈さんの経歴や不倫報道をまとめています。

一青窈の経歴!父親は台湾の財閥だった!

 

View this post on Instagram

 

一青窈 Yo Hitotoさん(@yohitotoyo)がシェアした投稿

一青窈さんは1976年9月20日生まれ。台湾出身の歌手です。一青窈さんは父親が台湾人、母親が日本人というハーフ。その台湾人の父親は顔一族の長男・顔恵民です。顔一族といえば金鉱経営で成功し、巨万の富を得た台湾の5大財閥のひとつ。一青窈さんの生まれはお金持ちのお嬢様だったのです。

しかし、一青窈さんは幼稚園卒園後に父親を台湾に残し、母と姉とともに日本へ渡っています。その後は日本で生活をするようになるのですが、父親は一青窈さんが小学2年生の時に癌で死去。さらに、高校時代には母親も癌で亡くなってしまうという壮絶な経験をしています。

音楽活動は大学時代から

そんな一青窈さんが音楽活動を開始したのは大学進学後。一青窈さんは慶應義塾大学に入学しているのですが、大学時代はジャズ研究会やアカペラサークルに所属し、ストリートライブを行っていました。アカペラサークルには現在ゴスペラーズとして活動している北山陽一さんが先輩にいたのですが、一青窈さんの自作の詩を見た北山陽一さんはそれを絶賛。以降、一青窈さんは自分で作詞をするようになります。

その後、一青窈さんは福祉イベントで歌っているところをスカウトされ、2002年にシングル「もらい泣き」でデビューしています。「もらい泣き」はデビューシングルにも関わらず大ヒットし、2003年にはNHK紅白歌合戦に初出場。ヒット曲を続々と発表していく傍ら、2004年には映画「珈琲時光」で女優デビューも果たした一青窈さん。現在も精力的に活動を続けています。

一青窈が小林武史との不倫を告白したのはなぜか?

 

View this post on Instagram

 

一青窈 Yo Hitotoさん(@yohitotoyo)がシェアした投稿

数多くのヒット曲を輩出している一青窈さんですが、私生活では少し世間を騒がせることがありました。それが不倫騒動です。

一青窈さんの不倫報道

一青窈さんは2007年に週刊誌によって、音楽プロデューサーの小林武史さんとの不倫疑惑が報じられています。小林武史さんといえばMy Little Loverの元メンバーで、同じくメンバーだったakkoさんと1999年に結婚しています。その後2人の子供に恵まれるも、2005年に一青窈さんと知り合い、不倫関係に発展してしまったのです。

一青窈さんとの不倫が発覚したことで小林武史さんはakkoさんと関係がこじれ、My Little Loverを脱退。その後離婚しています。離婚後は一青窈さんと同棲を開始したのですが、約7年間の不倫交際を経て2013年夏に破局。それにも関わらず、一青窈さんは2015年にわざわざ不倫をしていたことを週刊誌に告白し、世間に衝撃を走らせたのです。

不倫を告白した理由は?

一青窈さんが破局後になぜ不倫関係を告白したのかに注目が集まっていましたが、My Little Loverがデビュー20周年を迎えることで、2015年10月に小林武史さんがシングル曲を書き下ろした作品を発売するということが関わっているようです。

どうやら一青窈さんは、別れた彼氏が元妻と関係を修復させ、もう1度一緒に仕事をするということに嫉妬していたんだそう。一青窈さんの気の強い性格なら、仕返しのつもりで不倫関係を蒸し返すということも不思議ではないんだそうです。