ポンキッキで顔出し!声優はせさん治の名作アニメ!息子や死因についても紹介

gomachan-15さん(@gomachan15)がシェアした投稿

昭和のカリスマ声優!はせさん治

はせさん治さんは、声優や俳優として亡くなるまでにさまざまな作品で活躍していました。

今回は、はせさん治さんが出演してきた名作アニメの紹介と、息子さんやはせさん治さんの死因についても情報をまとめています。

はせさん治のプロフィール紹介!

@dihdih0203がシェアした投稿

生年月日:1936年1月2日
没年月日:2002年3月8日
出身:東京都
血液型:B型

はせさん治さんは、1970年代から声優として多くのアニメ作品に出演してきた名脇役です。亡くなるまで病気と闘いながら舞台やテレビに出演し、活躍し続けました。はせさん治さんは、声優としてだけでなく俳優としてドラマに出たり、「ひらけ!ポンキッキ」に出たり、さまざまな方面で活動しています。

亡くなった後も追悼公演が開かれるなど、はせさん治さんは多くの方々に愛されていました。生前はプライベートでファンに声をかけられても、嫌な顔をせず話に付き合ってくれるような心優しい方だったようです。

はせさん治の出演アニメは?

はせさん治さんは名作アニメに数多く声優として出演しています。そのいくつかを紹介しますね。

・1965年「鉄腕アトム」95話ヤコレフ博士の部下
・1966年「魔法使いサリー」泥棒
・1968年「サイボーグ009」ギャング
・1970年「サザエさん」初代伊佐坂難物
・1971年「ゲゲゲの鬼太郎」初代子泣き爺
・1973年「ドラえもん」スネ夫のパパ
・1975年「一休さん」秀念
・1977年「ヤッターマン」銭形平次
・1983年「Dr.スランプ アラレちゃん」使者
・1992年「キテレツ大百科」諸見

このように誰もが知っているような有名アニメ作品に出演を果たしています。主役を張ることはないものの、物語に欠かせない名脇役として長年活躍してきました。