張本智和は中国人で、帰化して日本国籍?両親(父・母 張凌)についても調査

チョレイの掛け声で知られる卓球の張本智和選手の国籍や両親について気になっている人は多いようです。家族全員が卓球選手という卓球一家で育ったそうで、両親の血を受け継いでいることは間違いなさそうですね。

卓球の張本智和のプロフィール!気になる出身中学校や身長は?

 

View this post on Instagram

 

キノシタマイスターさん(@kinoshita_meister)がシェアした投稿

生年月日:2003年6月27日
出身地:宮城県仙台市
出身中学:北区立稲付中学校
身長:172cm
国籍:日本
所属:JOCエリートアカデミー

2003年生まれの張本智和選手は2018年現在で15歳の中学3年生です。2歳の頃から卓球を始め、2010年の小学校1年生時には前日本卓球選手権大会バンビの部で優勝しています。

2015年には世界ジュニア選手権に史上最年少選手として出場予定でしたが、パリ同時多発テロの影響で派遣が中止されましたが、2016年以降に出場した多くの大会では、優勝選手の最年少記録を次々と塗り替えています。

将来のオリンピック選手、国際競技大会で通用する選手を育成するための事業JOCエリートアカデミーに入校したのは2016年、それ以降はほとんど負けなしの戦績を誇っています。

15歳の男子の平均から見ても大きい172センチの身長は、まだまだ伸びるのではないかと言われています。ここ数年は身長が伸びるごとに強くなったとも言われており、今後ますます強くなった張本智和選手の姿が見られそうですね。

張本智和は中国人!帰化して国籍は日本に!理由は?

 

View this post on Instagram

 

Yoichi Fujiwara travelerさん(@you.927.yf7)がシェアした投稿

現在張本智和選手は日本国籍を取得していますが、元々は中国人の両親のもとに生まれた中国人とも言えます。2014年に父親と妹、張本選手の3人が揃って帰化しましたが母親だけは中国国籍のままです。

5歳年下の美和さんも木下グループに所属する卓球選手で平成27年度全日本選手権大会バンビの部優勝、ジュニアサーキット・中国オープンミニカデット女子シングルス優勝などの戦績を納めています。仙台ジュニアクラブのコーチとして来日した両親が結婚したのは1998年で、張本智和選手が2003年に生まれます。

張本智和選手にとっては日本が生まれ育った故郷であり、卓球選手として戦うのであれば日本人として戦いたいという思いがあったようです。母親以外が日本に帰化したのはそうした願いを叶えるためだと言われています。