遠藤憲一と愛犬との絆が話題に!もともとは犬嫌い?!真相を追求!

俳優の遠藤憲一さんはもともと大の犬嫌い。そんな遠藤憲一さんのもとにある日突然1匹の犬がやってきました。今回は、犬嫌いの遠藤憲一さんが愛犬と絆を深める経緯を紹介しています。

遠藤憲一の愛犬の名前や犬種は?

 

View this post on Instagram

 

遠藤憲一さん(@enken.enstower)がシェアした投稿

遠藤憲一さんの自宅に最初にやってきたのはマルチーズのまめです。性別はメスで、まめという名前は遠藤憲一さんの名字の「えんどう」にちなんでつけたんだといいます。

マルチーズを飼い始めた遠藤憲一さんは、周囲から「世界一マルチーズが似合わない」といわれることもあったそうです。普段作品中でコワモテな役を務めることが多い遠藤憲一さんですから、その遠藤憲一さんがかわいらしい小型犬を飼っているというのが意外だったのでしょう。

犬嫌いで犬の登場に当初は戸惑っていた遠藤憲一さんですが、近くにいたら次第に慣れていったんだそう。愛犬も自分も好物だという出前のそばを分け合ったり、寝台特急で旅をしたり、楽しい日々を過ごしていたようです。そんな毎日を過ごすうち、愛犬と離れている時間が寂しくも感じていたようです。

遠藤憲一の家にもう一匹の犬が!名前や犬種は?

 

View this post on Instagram

 

遠藤憲一さん(@enken.enstower)がシェアした投稿

マルチーズのまめを飼い始めてから1年半がたったころ、新たな犬が遠藤憲一さんの自宅にやってきました。2匹目もまめと同じく種類はマルチーズ。性別はオスで、名前はエレキと名付けられたようです。

エレキは遠藤憲一さんの自宅に来てすぐ、電気のコードを噛んでしまったといいます。その出来事がきっかけでエレキという名前になったとのこと。エレキは遠藤憲一さんが立ち上がると吠える癖があり、遠藤憲一さんも「エレキはワルだ」と認識しているようです。

恐妻家で知られている遠藤憲一さん一家は、自宅では妻の立場が一番上で、続いてまめ、3番目にエレキ、なんと遠藤憲一さんは一番格下なんだそう。後から来た犬たちに序列を抜かれてしまうとは。役のイメージとは違っていて、なんだかほっこりしてしまいますね。