伊達公子と元旦那との離婚の真相を徹底追求!子供はいる?再婚の可能性は?

伊達公子さんは2001年に結婚していますが、2016年には離婚を発表しています。今回は、おしどり夫婦だった伊達公子さんが離婚してしまった理由や、再婚の可能性を調査しています。

伊達公子がパン屋さんをオープン!名前は元旦那の名前?

 

View this post on Instagram

 

Kimiko Date Officialさん(@kimiko.date)がシェアした投稿

伊達公子さんはミハエル・クルムさんと離婚する直前の2016年8月に「フラウクルム」というパン屋をオープンさせています。このパン屋はドイツパンをテーマにしたお店。オープンには大のパン好きで知られるミハエル・クルムさんの強い後押しもあったそうです。

「フラウクルム」とはドイツ語でクルム夫人という意味があるそう。離婚後の現在も別れた夫の名前を店名に使っていることには世間からも疑問の声が上がっていますが、伊達公子さんはドイツパンの店を作るときに自分の名前よりもクルムの方がしっくりくるという理由でこの名前にしたということを明かしています。

もちろん店の名前に「クルム」を使うことはミハエル・クルムさんも了承済み。現在も変わらず「フラウクルム」で営業しています。

伊達公子は再婚の可能性はある?再婚相手は?

 

View this post on Instagram

 

Kimiko Date Officialさん(@kimiko.date)がシェアした投稿

2018年現在、伊達公子さんが離婚してから2年がたっています。今のところ伊達公子さんが再婚するという話もなく、再婚相手として浮上している人物もいないようです。

ただ、上記にも紹介したように、伊達公子さんはミハエル・クルムさんと離婚後も良好な仲を保っています。今でもしょっちゅうラインでやり取りしているといい、ミハエル・クルムさんと再婚したいと思えば再婚する可能性もあるといった内容のコメントも残しています。

そのため、伊達公子さんが再婚する相手がもしかすると元旦那であるミハエル・クルムさんの場合もありそうです。今後伊達公子さんが誰かと再婚する日は来るのか。注目しておきましょう。