伊達公子と元旦那との離婚の真相を徹底追求!子供はいる?再婚の可能性は?

伊達公子さんは2001年に結婚していますが、2016年には離婚を発表しています。今回は、おしどり夫婦だった伊達公子さんが離婚してしまった理由や、再婚の可能性を調査しています。

伊達公子のプロフィール!年齢や身長や実家はどこ?

 

View this post on Instagram

 

Kimiko Date Officialさん(@kimiko.date)がシェアした投稿

生年月日:1970年9月28日
出身地:京都府京都市
血液型:O型
身長:163センチ
体重:53キロ

伊達公子さんは女子プロテニス選手です。6歳の時に初めてテニスをした伊達公子さんはその後レッスンを積み、中学時代には滋賀県のテニス選手権で優勝するまでに成長します。高校はテニスの名門校である園田学園高等学校へ進学し、インターハイではシングルス、ダブルス、団体優勝という3冠獲得も達成しています。

プロ転向後の伊達公子さん

高校を卒業した伊達公子さんは1989年にプロに転向。1994年にはオーストラリアで開催されたニュー・サウスウェールズ・オープンで海外初優勝を果たし、当時の女子テニス選手では初となる世界トップ10にもランクインします。その後は世界ランキング4位まで浮上。ライジング・ショットの名手として世界に名をとどろかせていきます。

伊達公子さんは1996年に一度現役引退を宣言していますが、2008年には若い選手に刺激を与えるためにと、37歳にして現役復帰。その後数年間は大会で好成績を残していきますが、2017年に再チャレンジにピリオドを打つことを宣言。2度目の現役引退を表明しています。

伊達公子さんの実家が欠陥住宅?

伊達公子さんは2018年の誕生日で48歳になる年齢です。伊達公子さんは幼少期に滋賀県大津市に転居しており、実家もそこにあります。この実家ですが、伊達公子さんが2014年にテレビ番組に出演した際、欠陥住宅であったことを明かしています。

工務店とは裁判で争っていたようですが、工務店は責任を認めずに言い逃れをし続けていたんだとか。夢を持って建てたマイホームが欠陥住宅とは。伊達公子さんの実家はかなりの災難に見舞われていたようです。

伊達公子が旦那ミハエル・クルム氏と離婚!

 

View this post on Instagram

 

Kimiko Date Officialさん(@kimiko.date)がシェアした投稿

伊達公子さんは2001年にドイツ人のレーシングドライバー・ミハエル・クルムさんと結婚しています。まず馴れ初めから紹介しますが、2人が出会ったのは1999年。フランスで行われたル・マン24時間レースにミハエル・クルムさんが出場していたのですが、伊達公子さんはその試合のレポーターをしていました。

そのことがきっかけで友人関係を続けていたミハエル・クルムさんと伊達公子さんですが、2000年に入って距離が縮まり、交際に発展したとのことです。2人は交際中から同棲しており、結婚の準備を整えていました。当初はタイミングを見計らって自分たちの口で正式に婚約を発表しようと思っていたそうですが、スポーツ紙に報道されそうになったため、急遽伊達公子さんの公式ホームページ上で婚約を発表することになっています。

おしどり夫婦が離婚!

国際結婚をしたあとの2人はおしどり夫婦として評判。伊達公子さんのブログでは結婚の良さを語っていたり、お互いの試合の応援にかけつけるなど、常にラブラブな様子が見られていました。そんな2人が2016年9月に突然の離婚を発表。16年の結婚生活に終止符を打っています。