絢香が病気の影響で太った?現在の水嶋ヒロとの夫婦仲や仕事を調査!

絢香さんは水嶋ヒロさんと結婚しています。結婚と同時に絢香さんがバセドウ病であることも公表されました。今回は、絢香さんと水嶋ヒロさんの現在の夫婦仲や、絢香さんが太ってしまった原因を調査しています。

絢香のプロフィール紹介!経歴や結婚歴、子供は何人?

絢香 Ayakaさん(@ayaka_official_jp)がシェアした投稿

生年月日:1987年12月18日
出身地:大阪府守口市
血液型:O型
身長:157センチ

絢香さんは幼少期から歌うことが好きで、母親の影響からマイケル・ジャクソンやバックストリート・ボーイズなどの洋楽を聞いていました。そんな絢香さんは中学性になると将来の夢を歌手だとはっきりと決め、高校1年生の時にバンド活動をスタートさせます。

当時の絢香さんたちは自分たちの好きなアーティストの曲を演奏し、地元のお祭りやライブハウスなど、色々なところでライブ活動を行っていました。絢香さんが自身で作曲する楽しさに気づいたのは高校1年生の冬。学校の授業で曲を作ったのがきっかけでした。

絢香さんが本格的に創作活動を開始したのは高校2年生になってからです。知人の紹介でシンガーソングライターなどを育成する音楽塾ヴォイスというものの存在を知り、大阪から片道4時間かけて音楽塾ヴォイスに通い始めるようになります。

デビュー後は一気にヒット

その後、絢香さんが制作したデモテープが東京に持ち込まれ、絢香さんはワーナーミュージックと契約することに。そして2006年2月にシングル「I believe」でメジャーデビュー。同年11月に発売されたアルバム「First Message」がミリオンを達成するなど、一気に人気アーティストへと変貌します。

絢香さんは私生活では2009年に俳優の水嶋ヒロさんと結婚を発表。それと同時にデビュー翌年からバセドウ病を患っていることも明かします。バセドウ病の治療に専念するため、絢香さんは1度歌手活動を休止していました。その後、バセドウ病の症状が落ち着いたのをきっかけに妊娠。2015年に第1子となる女の子を出産しています。

絢香が戦うバセドウ病とは?

絢香 Ayakaさん(@ayaka_official_jp)がシェアした投稿

絢香さんは結婚発表と同時にバセドウ病を患っていることを公表していますが、バセドウ病とは、甲状腺ホルモンが過剰に作られる状態である甲状腺機能亢進症を起こす病気です。女性に多い病気で、20代から50代の方に発症することが多いといいます。

バセドウ病を患うと甲状腺がはれるほか、眼球突出、頻脈などの症状があらわれるそうです。絢香さんは薬を飲みながら歌手活動を行っていたのですが、バセドウ病の症状で息ぎれや動悸があり、歌うのも思い通りにいかなくなっていたと語っています。

絢香さんは結婚を機にバセドウ病を完治していこうと思い、歌手活動を休止し、家庭に入って妻として水嶋ヒロさんをサポートすることを決意したのです。