芦田愛菜の性格はいい?悪い?干されたのは嘘?学力がすごい中学校に合格の噂!

天才子役として注目を集めた芦田愛菜さん。性格がよくないという噂がありますが、本当でしょうか。今回は、芦田愛菜さんの性格を調査するとともに、名門中学に受かった芦田愛菜さんの努力について紹介します。

芦田愛菜の性格が悪いとの噂は本当?性格が分かるエピソードをチェック!

 

View this post on Instagram

 

芦田 愛菜 💗 Mana Ashidaさん(@ashida_mana_)がシェアした投稿

芦田愛菜さんは3歳で芸能界へ入り、2010年にはドラマ「Mother」に出演し、実母から虐待される少女を熱演。当時わずか5歳だった芦田愛菜さんですが、多くの人を圧倒させる演技を見せ、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞などの新人賞を多数受賞し、注目の的となりました。

性格ランキングワースト5位?

その後、多くのドラマに出演を重ねた芦田愛菜さん。バラエティー番組ではかわいらしい姿を見せており、一躍お茶の間の人気者となったのですが、そんな芦田愛菜さんの性格が悪いという噂があるのです。芦田愛菜さんはまだまだ若い女優ですが、制作スタッフの声をもとに作成された性格ランキングでワースト5位にランクインしてしまったとのこと。

芦田愛菜さんの性格がわかるエピソードとして、スタッフに「今の画、必要なんですか」ときつい一言を発していたり、ちゃん付けで呼ばれることを嫌い、現場のスタッフにはさん付けで呼ばせているという話があります。また、幼少期からチヤホヤされてきたため、天狗になっているという話も浮上しています。

性格が悪くて干された話はデマ?勉強に集中して仕事をセーブしていた?!

 

View this post on Instagram

 

芦田 愛菜 💗 Mana Ashidaさん(@ashida_mana_)がシェアした投稿

2010年のドラマ「Mother」で注目を浴びて以降、立て続けに作品に出演していた芦田愛菜さんですが、2015年から2016年ごろはメディア露出が激減していました。その理由として性格が悪いために干されたという噂も浮上していましたが、本当の理由は学業の優先だったようです。

芦田愛菜さんは小学6年生になると、女優業をセーブして受験に向けた勉強を始めていました。それ以前から楽屋でもドリルやプリントをこなしていた芦田愛菜さんですが、小学6年生の夏には本格的に受験に備えるため、大手の中学受験予備校へ通い始め、1日10時間勉強することもあったそうです。

芦田愛菜さんがこれほどまでに中学受験にこだわる理由として、「子役は馬鹿じゃない」ということを証明したいという気持ちがあったんだとか。一般的に子役出身者は世間知らずで常識がないといわれることが多いですが、芦田愛菜さんはそのような意見を覆したかったんだそうです。